FC2ブログ

              私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

「(Just Like) Starting Over」に隠されたメッセージ

2020/01/09 16:00|ジョン・レノンTB:0CM:7
録画していたBS-TBSの「SONG TO SOUL~永遠の歌~」という番組の「スターティング・オーヴァー」の回を先日観ました。

「スターティング・オーヴァー」はもちろん、ジョンの「(Just Like) Starting Over」です。



「(Just Like) Starting Over」は1980年11月にリリースされた5年ぶりのジョンのニューアルバム「Double Fantasy」の先行シングルとして、10月に発表された曲です。

double fantasy

番組はレコーディングに参加したプロデューサーやミュージシャン達の思い話を中心に進み、ジョンがレコーディングを楽しんでいた様子などが語られていました。

そして「(Just Like) Starting Over」について、共に歳をとった人達へのジョンからのメッセージという解釈がされ、日本語訳付きで歌詞が紹介されたんですが、その日本語訳が私にはしっくりきませんでした。

細かい言葉は違いますが番組内での日本語訳は、おおよそ以下のようなものでした。

Our life together is so precious together
僕たち二人一緒の人生は尊い

We have grown, we have grown
僕たちは成長した、僕たちは成長したんだ

Although our love is still special
僕たちの愛は特別だけれど

Let’s take a chance and fly away somewhere alone
チャンスをつかんで、二人でどこか遠くに飛び立とう


「fly away somewhere alone」は本当に「二人でどこか遠くに飛び立とう」なのか? 

私が気になったのは、そこでした。

「alone」についてはWikipediaでは

「歌詞中の『alone』を『一人きりで』と間違って訳されたものがあるが、主語は『Let's (=Let us) ~alone』『we ~alone』と複数なので『(他には誰もいない)僕達だけで』というのが正しい意味である」

と書かれているのですが、「Let's (=Let us) ~alone」ではなく「Let's (=Let us) ~. …alone」という風に、「alone」の前でいったん文章が終わり、「somewhere」の後に「alone」を独立して付け足したように感じたんです。

「White Album」の「Revolution」で「Don't you know that you can count me out」の後に、シングル版にはなかった「…in」を付け加えたみたいに。

「Let’s take a chance and fly away somewhere」という歌詞は曲の最後にもう一度出てきますが、その時は「alone」は付いてないんですよ。

もし「alone」が言葉の通り「一人で」「一人ぼっちで」の意味だったとしたら…

そう考えた時にハッとしたのです。

この歌詞はジョンからポールへのメッセージなのではないかと。

そういう気持ちで歌詞を読むと、以下のように読めます。

Our life together is so precious together
僕たち二人一緒の人生(ビートルズ)は尊い

We have grown, we have grown
僕たちは成長した、(ビートルズを解散してから)僕たちは成長したんだ

Although our love is still special
僕たちの愛(ビートルズ)は今でも特別だけれど

Let’s take a chance and fly away somewhere alone
チャンスをつかんで(バンドから解き放たれて)、各々ソロで羽ばたこうぜ


1980年のポールはというと、1月に日本で大麻所持のため逮捕されてからウイングスの活動を休止して、5月にソロアルバム「MacCartney Ⅱ」をリリースしています。

「俺も音楽活動を再開するから、お前もソロで頑張れよ」

と、ポールに向かってジョンが呼びかけているように思えませんか?

そう考えて続きの歌詞を読めば、ビートルズファンの胸にはグッときますよ。


It’s been too long since we took the time
二人で時を過ごしていた頃(ビートルズの頃)から随分と経ってしまったけれど

No one’s to blame, I know time flies so quickly
それは誰のせいでもなく、時が経つのが早いだけさ

But when I see you darling
でもお前に会ったら

It’s like we both are falling in love again
またあの頃のように一緒に(音楽を)やりたくなるのさ

It’ll be just like starting over, starting over
またやり直したくなるんだよ

こんな風に読めてしまって、番組を観ながら私はうるうるしてしまいました。


なおWikpediaには

基本的にはオノ・ヨーコへ向けたメッセージソングであるが、歌詞の一部に「It's time to spread our wings and fly Don' let another day go by my love It'll be just like starting over」と集中的にポール・マッカートニーに関連する言葉を入れていることから、ポールを意識している可能性が示唆される

とあるんですが、別居したヨーコさんとは5年前に仲直りしており、1980年に「やり直そう」とジョンが言う相手はやはりヨーコさんではないと思いますし、わざわざポールの曲のタイトルを入れたのは、ポールへのメッセージだと気づいてもらうためじゃないでしょうか。


ジョンが亡くなって40年近くが経ちますが、自分の心の中に今でもジョンが生きているように感じた、2020年の始まりでした。
『ポチっとひと押しお願いします』励みになります
スポンサーサイト



「RUBBER SOUL」のジャケットを再現してみよう

2019/12/03 09:52|Rubber SoulTB:0CM:4
ビートルズの初期のアルバムジャケットを多数撮影したカメラマンのロバート・フリーマンが11月6日に亡くなったことは、ニュース記事でご存じの方も多いと思います。

robert freeman

具体的には『WITH THE BEATLES』、『A HARD DAY'S NIGHT』、『BEATLES FOR SALE』、『HELP !』、『RUBBER SOUL』のジャケットを撮影しました。
with the beatles

死亡の記事をいろいろとみていると、彼が撮影したビートルズの写真がいろいろと出てくるんですが、その中に「RUBBER SOUL」のジャケットの元になった写真がありました。

歪んでなければ、こんな写真だったんですね。思ったより横に長いです。

rubber soul 元

「RUBBER SOUL」のジャケットは、イメージを伝えるためにフリーマンがLPサイズのボール紙に写真をスライド映写してメンバーに見せていたところ、ボール紙がズレて歪んだ画像になったのをメンバーが面白がって気に入ったために、このような歪んだ写真になったといわれています。

000000003072_PCCXtnx.jpg

そして先ほどのジャケットの元の写真を見たときに、私は思いました。

「よし! この写真を歪ませて『RUBBER SOUL』のジャケットを再現してみよう!」(笑)

ソフトはPOWER POINTを使いました。

まず元写真とジャケット写真を並べます。
スライド1

続いて、元の写真をジャケットと同じくらいのサイズに拡大して、適当に歪ませてみました。

スライド3

お、なんだかこれでOKのような気がしますね。

それではと、元の写真とジャケットをジョージの顔に焦点を合わせて重ねてみたところ、ポールがとてもズレました。

スライド4

ポールに焦点を合わせて重ねると、左端のジョージとジョンが大きくズレます。

スライド6


それではと、ジャケットの中心のジョンとリンゴに焦点を合わせて重ねると、今度は両端のジョージとポールがズレてしまいました。

スライド5

これはどうも元写真の歪ませ方がよくないのだと、試行錯誤して歪ませたところ、かなり納得のいく画像ができました!

完成

しかしジャケットを透過してみると、これでもまだジョージの目元とリンゴの口元が少しズレてるんですよね。

RUBBER SOUL透過2



1966年当時はもちろんコンピュータで画像を加工しているのではなく、映写先の紙を傾けたりして歪ませていたのでしょうから、再現が難しい偶然の歪みがあるのではないでしょうか。

それでも今のコンピュータを使えば、素人の私でもこれくらい再現できました。

皆さんも是非チャレンジしてみてください! 楽しいですよ!
『ポチっとひと押しお願いします』励みになります

映画「YESTERDAY」を観ました

2019/11/04 09:50|映画TB:0CM:6
ある日突然、主人公以外がビートルズを知らない世界になっていた……

そんな映画「YESTERDAY」を観てきました。

YESTERDAY.jpg

オーソドックスな恋愛コメディで、とても楽しい2時間でした。

ビートルズを知っている方がより楽しめるのはもちろんですけど、知らなくても面白い映画だと思います。

プロットにやや雑なところがあると感じましたが、その分テンポが良く、中だるみすることなくラストを迎えます。

映画の内容については他のサイトを参照してもらうとして、このブログ的な感想を書きたいと思います。


まず音楽が良かったです。

主人公が映画の中でビートルズの曲をいろいろ歌うんですが、ビートルズ本人以外が歌ってもビートルズの曲ってやっぱりいいなあ! と今更ながら思いました。

また主人公の歌声が若い頃のポールに似ていて、ポールの曲はもちろん、ジョンやジョージの曲もとても心地よかったです。

顔はまったく違いますが(笑)


主人公はビートルズの大ファンというわけではなく、普通にビートルズを知っているくらいなんですが、映画には小ネタの数々にビートルズ愛が感じられます。

夢の中にちらっと足元だけ登場するポールとリンゴが裸足と黒い革靴だったり、デビューコンサートのステージに向かう際にホテルの扉をパッと開けたら非常階段だったのは映画「ハード・デイズ・ナイト」のオマージュでしょうね。

デビューコンサートの後に主人公を訪ねてきた二人が言う「ビートルズがいない世界は退屈だわ」の台詞は、「ビートルズがいなかったら二十世紀は退屈な時代になっていたでしょう」というエリザベス女王の言葉のもじりだと思うんですが、ネットで検索してもエリザベス女王の言葉がヒットしませんでした。

私の記憶違いでしょうか?


ところで、この映画は「消えたのがビートルズ」じゃないと成立しないんですよね。

「その曲を聴けば誰もが名曲だと認める」のが大前提で、だから世界から消えた曲を演奏して主人公がスターになっていくことに不自然さを感じない。

「消えたのがローリング・ストーンズ」「消えたのがボブ・ディラン」ではやっぱり無理があるわけです。

その点で、ビートルズの偉大さを改めて実感しました。


ビートルズが好きな人は必見ですし、そうでない方も楽しめる映画だと思います。

まだご覧になっていない方は、是非劇場に足を運んでください。

エンドロールでビートルズの本物の「HEY JUDE」が流れるんですが、映画館の大音量で聴けるのも嬉しい体験ですよ。

映画を観終ってから、売店でビートルズのクリーニングクロスを買いました。

デザインが良くて気に入ってます。
『ポチっとひと押しお願いします』励みになります

cloth1.jpg cloth2.jpg

1969年8月8日 ポールの日記

2019/09/30 16:30|Abbey RoadTB:0CM:2
9月27日に「ABBEY ROAD」50周年記念エディションが発売になり、私はスーパー・デラックス・エディションを購せ入しました。

スーパー・デラックス・エディションは3CD + 1ブルーレイ(オーディオ)収録、豪華本付のボックスセットです。
セット

音の良さや未発表音源については書店の音楽誌を読んでいただくとして、それ以外で今回とても嬉しかったことを幾つか書きます。

まずサイズがA3のLPサイズだったことです。

ジャケット

やっぱりこの大きさだとジャケットの存在感が一般のCDサイズとは段違いで、眺めてるだけでワクワクしますね。

そして100ページの豪華本が素晴らしいです。

リンダが撮影したメンバーの写真がとても良い。
4人のポートレイト

ジョンの真剣な表情も良い。
ジョン

こんなに楽しそうに歌うジョージはそうそう見られませんよ。
ジョージ

そして写真に劣らず興味深いのが、ポールのジャケット構想メモと、撮影日の日記です。

まずはジャケット構想メモ。
ジャケット構想1

ジャケットのデザインはポールがほぼ一人で考えたそうで、アイデアが固まっていく様子がよくわかります。
ジャケット構想2

ジャケット構想3

ジャケット構想4

そして面白いのが、ジャケット撮影をした1969年8月8日のポールの日記です。
カラーのペンを使って丁寧に書いてます。
ポール几帳面ですね。
ポールの日記1

中央の男性が「これ君の鞄?」と尋ねていますが、どういうことなのか私にはわかりません。

「It's nice to hear both sides, but I don't want to know.(どちらも聞けるのはいいけど、知りたくないんだ。)」なんて意味深な言葉も書かれてますが、これも意味がわかりません。

では何が面白いのかというと、「午前10時30分から11時 アビーロード写真撮影」という言葉の下に、ポールが4人のイラストを描いてるんですよ!
ポールの日記3

ポールが描いたメンバーのイラストは初めて見ますし、これが特徴をとらえてて結構可愛いいんですよ。

ジョンとヨーコとリンゴとランチ、なんてメモもあり、「アビーロード」レコーディング時の楽しい様子が伝わってきます。

メンバーが仲良くやっている様子は、ファンにはそれだけで嬉しいものです。

日記の右下にポールが描いた金髪と黒髪の女性は、リンダとヨーコでしょうかね?
ポールの日記2

『ポチっとひと押しお願いします』励みになります

ビートルズのメンバー各々のイメージ

2019/09/16 13:55|Fab 4TB:0CM:4
お久しぶりです。

先日観ていたテレビ番組の中で、バイオリニストの葉加瀬太郎さんが高校時代の友人を紹介されていたんですが、その友人のことを

「ジョン・レノンみたいな人」

とおっしゃってたんですね。

で、どんな方だろうと思ったら、こんな方でした。

京都在住のバイオリニスト 功刀丈弘さん(写真左)
功刀丈弘

功刀さんが登場された時、私は最初は意外に思い、その後になるほどねと思いました。

世間一般の人、いや、葉加瀬太郎さんの頭の中でのジョンのイメージは、1975年頃のジョンなんだなと。

john1975.jpg

ところが私がパッと思い浮かべるソロ時代のジョンは1971年頃なんです。

john1971.jpg

どちらが正しいとかはもちろんないですけど、同じ人物に対して人それぞれに違うイメージで思っているんだなと面白く感じました。


さて、ソロ時代に限ってですが、他のメンバーについての私のイメージをご紹介すると、

ポールは1990年頃です。

paul-mccartney-4.jpg

1980年からライブ活動を休止していたポールが復活し、まさかの日本公演が実現したのが1990年。

私の初めての生Fab4体験だったので、ポールと聞くとやっぱりこの頃を思い出します。


ジョージは1974年。北米ツアーの頃。

george1974.jpg

北米ツアーに思い入れがあるわけではなく、おそらくビートルズ後期の頃と雰囲気が似てるからだと思います。

george magical


リンゴはもう、いつ頃というより、このルックス。

ringo-starr-sheff-interview.jpg

ビートルズ時代とかけ離れているので個人的には好きではないんですが、もう20年以上このスタイルですから、本人は気に入ってるんでしょうね。

リンゴは大きな目がチャーミングなので、サングラスを外して欲しいといつも思ってます。

goodnight vienna

皆さんの頭に浮かぶソロ時代のFab4はどんなイメージでしょうか?

みんな違ってて面白そうですね。
『ポチっとひと押しお願いします』励みになります

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.