私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョンは同性愛者か? 性癖異常者か??

2008/09/22 18:25|ジョン・レノンTB:0CM:0
ジョンのことをよく知っているほど、ジョンが同性愛者でないことはわかると思います。

どちらかといえば、女好きな方じゃないか思います(笑)

今さらなぜこんな話をするかといえば、ジョンについての新しい本の中で、ジョンが母親との近親相姦を望んでいたとか、ポールとの同性愛を望んでいたと書かれているらしいのです。
THE SUN
John.jpg

ジョン・レノンに関する暴露本「John Lennon : The Life」が出版される。ジョンは亡くなる1年前に自分で吹き込んだ回想録のようなテープを、ジョンの家族にも親しくビートルズにもっとも近いロック作家と言われている、フィリップ・ノーマンに託していた。そのテープの中でジョンは、母親やポール・マッカートニーを性の対象と見ていたことが語られている。フィリップ・ノーマンは、ジョンが1979年9月5日に録音したというテープを所有しており、それを元に「John Lennon : The Life」と題した本を出版する予定。

ジョンの変わった性癖などに触れるショッキングな内容にオノ・ヨーコ、ビートルズのメンバーやファンの怒りを買うことが予想されるため、ノーマンは敢えて今回英大衆紙「The Sun」にテープを公開した。テープはジョンの声で、「14歳の頃、ボロムフィールド・ロードに住んでいる母親の体に触れていた。一日学校を休んで母親の元で、ベッドの上で彼女の体に触れて過ごした。それ以外に僕に何が出来たと思う?」というもの。

テープではさらに「それはちょっと変わったことだった。なぜって、道路の向こう側では、それなりの女の子達を抱くこともできたからね。僕はいつもそうしておけばよかったと思っている。母もきっとそれを許してくれただろう」と、続く。又、ポール・マッカートニーと同性愛を楽しんでみたかったという部分もある。ジョンはとても複雑な面を持った人間だったと人は言うが、どうやらそれは少年期からのようである。ジョンは「フィリップはビートルズについての世界的な権威を持った作家だ」と褒めており、まさかそれがこのような形で暴露され、本にまでなろうとは思っていなかったに違いない。


ジョンの同性愛者説に対して、ポールはもちろん反論しています。
マッカートニー、ジョン・レノンのゲイ説を糾弾

「(レノンがゲイだという話が)事実だとは思えない。ジョンはそんなことしたことないよ。僕は何万回も彼と一緒に寝てる(ベッドを共有してる)けどさ。彼がベロンベロンに酔っ払ったとこ見てるけど、いつだって女性が対象だったよ。少しでも同性愛の傾向があったら、酔っ払ってるときにそれがわかるはずだろう」

ジョンが同性愛者だったという噂は古典的なネタです。
理由としてよくあげられるのが、Fab4の中でマネージャーだったブライアン・エプスタインと一番仲がよかったこと、そのエプスタインと休暇中に2人でスペインに旅行に行ったことがあることです。
brian.jpg

ご存じない方のために念ため説明しますと、ブライアン・エプスタインはゲイだったんです。

でも裏を返すと、ジョンのゲイ説の根拠はこれだけなんですよね。
ジョンの人生で他にゲイの噂がたったエピソードはありません。
女好きのエピソードはありますが(笑)

ジョンは幼い頃に父親と生き別れており、その後は母とも別居してミミ伯母さんの家で一人っ子の居候として育っていますから、ブライアンのことをある時は父のように、またある時は兄のように思っていたんだと思います。
ジョンの生い立ちについては、この記事を参照してください。
ジョン・レノン 息子として父親として

その感情と同性愛の気持ちは、また別ものでしょう。

ブライアンがジョンに関係を迫った可能性も考えられますが、私はそれもなかったと思っています。
ビートルズの歴史を知れば知るほど、ブライアンがFab4に対していかに誠実で、いかにビートルズを大切に守っていたかを知ります。
少なくとも私が知る限り、ブライアンは己の欲望のためにFab4を傷つけるようなことはしない男です。

今回SUN紙のサイトで聞けるジョンのインタビューでも、実際にポールについて語っている部分は公開されていません。

「ポールは男の俺からみてもチャーミングで魅力的な奴だったよ。一緒に寝たいくらいね。」みたいな感じで言ってるだけじゃないでしょうかね。

母ジュリアとの近親相姦願望については、発想が飛びすぎだと思いますね。

ジョンは母ジュリアと離れて暮らしていましたから、時々しか会えないジュリアはジョン少年にとって、「抱きしめたい、抱きしめられたい母親」であり、「最も身近な大人の女性」でもあったのでしょう。
John and Julia

母親の愛に飢えていた思春期の少年が母の体に触れながら、一方では「女性の体」を意識していても不自然だとは思いません。

White Album」に収録されているジョンがヨーコに捧げたラブ・ソングのタイトルが「Julia」であることからも、ジョンがジュリアを母として慕う一方で、理想の異性としても意識していたことがうかがえます。

The Beatles - Julia


だからといって、関係を持ちたがっていたかどうかは全く別の次元でしょう。そして、

「それはちょっと変わったことだった。なぜって、道路の向こう側では、それなりの女の子達を抱くこともできたからね。僕はいつもそうしておけばよかったと思っている。母もきっとそれを許してくれただろう」

の解釈なんですが、ジョンが言っている“そうしておけばよかった”は道路の向こう側で女の子達と抱くこととも取れます。
母親も思春期の息子の異性とのお遊びを許してくれただろう、と。
でもジョンはそうはせず、母と触れ合っていたわけです。
もんもんとした気持ちを抱えながら(笑)
“それはちょっと変わったことだった”というのは、異性(=道路の向こう側の女の子達)を意識しながら母の体を触っている違和感だったのではないでしょうか。

まあトンデモ本は、大きく騒がず無視するに限ります。
話題を盛り上げて本をたくさん売るのが目的なんですから、取り合わないのが最善の策ですね『人気ブログランキング』へ
スポンサーサイト

ビルボード 50年間の総合ランキング発表

2008/09/16 13:01|Fab 4TB:0CM:4
ポピュラー音楽においてはアメリカで最も歴史と権威のある音楽雑誌「Billboard」のヒット・チャートが始まって50年。
このたび50周年を記念して、過去50年間の総合ランキングの発表がありました。
Billboard Hot 100 Chart 50th Anniversary
cover-hot100.jpg

いろいろなランキングがあるんですが、興味深いところでは「All-Time Top Artists」でビートルズが1位に選ばれています(^_^)v

ビートルズが1位って当たり前じゃん、と思うビートルズ・ファンの方もいると思いますが、私はとてつもなく凄いことだと思いました。

まず「Billboard」はアメリカの雑誌ですから、当然イギリス勢はアメリカ勢より点数が辛くなるはずですし、それに何といっても、ビートルズは本格的にアメリカ・デビューしてから解散までの期間が6年しかないんです。

50年の歴史の中のほんの6年間の活動です。
イギリスの大物バンドでキャリア40年以上のローリング・ストーンズが10位なんですから、イギリス勢で活動6年間のビートルズが1位に選ばれたことは、現役時代のビートルズがいかに飛びぬけた人気と影響力だったのかを改めて実感させられます。
the-beatles01.jpg

ちなみにビートトルズの曲では、「Hey Jude」「The All-Time Hot 100 Top Songs」で8位、「All-Time Top Rock Songs」で2位に選ばれており、アメリカで最も人気のあるビートルズ・ソングは「Hey Jude」のようです。

そしてポール・マッカートニー&ウイングスがなんと! ローリング・ストーンズに次ぐ11位です。
ビートルズが解散して1人になって、それでもソロで11位だなんて、ポールの凄さも再認識させられます。

ポールの「Silly Love Songs」「All-Time Top Rock Songs」で7位、「Hot 100 Songs of the Year: 1958-2007」で1976年の代表曲に選ばれていますから、ウイングスを率いて全米ツアーを行った頃のポールは60年代のビートルズ時代に匹敵する人気だったんでしょうね。

しかしポールの曲でランキング・トップが「Silly Love Songs」というのはちょっと意外ですね。
日本なら何でしょう?
「Silly Love Songs」ではないことは間違いないと思いますが。

Paul McCartney & Wings - Silly love songs


ヒット・チャートを基にしたランキングですので、ジョンもジョージもリンゴもソロでは「トップ・アーティスト100」には入ってません。
でも「All-Time Top Unforgettable Artists」とか「All-Time Top Impressive Artists」なんかのランキングがあれば、きっとランク・インするでしょう。

ところで、ビートルズの曲でランキング・トップが「Hey Jude」、ポールの曲でランキング・トップが「Silly Love Songs」と、とても“べた”に感じるビルボードの総合ランキングですが、「The All-Time Hot 100 Top Songs」「All-Time Top Rock Songs」の1位の曲はそれぞれこんな曲です。

う~ん、ロック発祥の国は奥が深い。『人気ブログランキング』へ

「The All-Time Hot 100 Top Songs」1位 Chubby Checker-The twist


「All-Time Top Rock Songs」1位 Santana featuring Rob Thomas - Smooth

「Hey Bulldog」のギターは誰だ?!

2008/09/09 17:09|Yellow SubmarineTB:0CM:12
アルバム「イエロー・サブマリン」用にジョンが作った曲に「Hey Bulldog」があります。
一般に評価が低い曲が提供されている「イエロー・サブマリン」の中で、この「Hey Bulldog」はファンの間で人気の高い曲で、私も大好きです。

印象的なリフとたたみかける様なベースとドラムから始まり、ヘビーなサウンドはハード・ロックのさきがけといえるかも知れません。

The Beatles - Hey Bulldog


ジョンは「歌詞に意味はない」と言っていますが、サビの部分の「You can talk to me」の連呼は頭を直撃しますよね。

Childlike no one understands
Jack knife in your sweaty hands
Some kind of innocence is measured out in years
You don't know what it's like to listen to your fears
You can talk to me, you can talk to me....
If you're lonely, you can talk to me


無邪気な子供っぽさなんて 誰もわかっちゃくれない
汗ばんだお前の手には ナイフが握られてる
でも純情の意味は 何年もたってわかることがあるんだぜ
恐怖心に耳をすますのがどんなもんだか お前は知らないだろう?
オレに話してみろよ
寂しいんだろ 話を聞いてやるぜ

(日本語対訳:GORICOさん)
晴れ、ときどきBeatles

さてこの曲について、先日ちょっとした出来事がありました。
相互リンクさせていただいているレノン&マッカートニーさんのブログで「Hey Bulldog Bass」という記事があり、そこに私がこの曲のリード・ギターはジョージじゃないでしょうかとコメントしたところ、レノン&マッカートニーさんはポールでしょうとおっしゃったのです。
ALL THOSE YEARS AGO ~ 過ぎ去りし日々

う~ん、ビートルズ研究家の東京ヒルトンとしては、考察しないわけにはいきません(笑)

「Hey Bulldog」のレコーディングは1968年2月11日の一日で行われています。

まずピアノ、ドラム、タンバリン、リード・ギター、ベースによるリズム・トラックが10テイク録音され、第10テイクにファズ・ベースとリズムを故意に狂わせたドラム、リード・ギター、そしてジョンとポールのボーカルをオーバー・ダビングして完成しました。

たった一日ですべてを終えてしまうところに、当時のビートルズの活発さを感じますね。
この後に「White Album」のレコーディングをダラダラとするようになるなんて想像できません(笑)

それでは、どうして私がこの曲のリード・ギターをポールではなくジョージだと思うのか。

まず1つは残されている映像からです。

「Hey Bulldog」のレコーディング風景はプロモーション・ビデオ(PV)として残っているわけですが、最初にご紹介した「Hey Bulldog」のPVと、シングル「Lady Madonna」のPVでその様子を見ることができます。

The Beatles - Lady Madonna


「Lady Madonna」のPVには他の日のレコーディングの様子も混ざっているようですが、ポールが白いベストを着ているのが「Hey Bulldog」のレコーディングの日です。

この2つのPVの中ではポールがギターを弾いているシーンはないんですよね。
(ただしジョージが“リード”ギターを弾いているシーンもないんですけど)
まあリード・ギターだけ後から録音しているからかも知れませんが。

そして、ギター・ソロを弾いているのがポールではなくジョージだと思うもう1つの理由。
実はこっちが理由のほとんどなんですが、ギターの音がポールではないと思うんですよ。

ポールはベース・プレーヤーですがギターもとても上手く、アルバム「HELP !」あたりから自分が作った曲ではリード・ギターを弾くこともありましたし、アルバム「REVOLVER」ではジョージが作った曲であるにもかかわらず、「Taxman」でリード・ギターを弾いています。

The Beatles - Taxman

(オリジナル版がなぜかYouTubeから貼り付けられないので、Anthology版です)

さてポールのギターの特徴、とくに間奏のギター・ソロについては「音の伸び」がとてもいいんです。
これはチョーキングという、弦をおさえている指をおさえたまま上げ下げすることでギターの音を“きゅ~~ん”とゆがませるテクニックなんですが、ポールはこれがうまくて音と音のつながりがとても滑らかです。
そして何よりはじける様な「ノリ」のよさがあります。

ここでもう一度、記事トップの「Hey Bulldog」のギター・ソロを聴いてみてください。

「Hey Bulldog」のギター・ソロは音符に忠実な硬い印象で、ポールらしい「音の伸び」や「ノリ」がないように私には思えるんです。
カチッと硬い感じのピッキングなんかは、チェット・アトキンスをお手本にしていたジョージのギターの特徴だと思うんですけどね~。

ビートルズを聴き込んでいるファンの方、実際にギターを弾いてる方、いかがなもんでしょうか?『人気ブログランキング』へ

ビートルズの覆面バンド登場?!

2008/09/03 13:26|その他TB:0CM:8
ビートルズが再結成?!

こんな噂は1970年のビートルズ解散直後からあったでしょうし、1980年にジョンが亡くなってからでもありました。

ポールとリンゴしかいない今でも、2人の共演の噂が出るたびに“再結成?”と書かれますからね。

さて、まだFab4が4人とも健在だった1976年に、とあるグループがカナダからデビューしました。
メンバーの素性は明かされてませんでしたが、そのデビューアルバムに針を落とした人は「おや?」と思いました。

CALLING OCCUPANTS OF THE INTERPLANETARY CRAFT


「SUN KING」を思わせるS.E.から始まるその曲はメロディといい、アレンジといい、ビートルズのサウンドにとてもよく似ていたのです。
正しくは、ビートルズが「Abbey Road」の後も解散せずに活動を続けていたらこんな曲を作ったのではないか、と思わせる音楽性でした。

そしてA面の4曲目、「Sub Rosa Subway」を聴いてぶっ飛びます。
メロディ、ボーカル、まさにポール・マッカートニー!

Sub Rosa Subway


続いてB面2曲目、「Doctor Marvello」を聴いてまた驚きます。
おおっ、ジョージ・ハリスンではないですか!

Doctor Marvello


このバンドの名前はKLAATU (クラトゥー)
Klaatu.jpg

再結成したビートルズの覆面バンドではないか?
ビートルズのメンバーが参加しているんじゃないか?
ビートルズのメンバーがプロデュースしているんじゃないか?

そんな噂が流れ、評判を呼び、話題になった・・・んだそうです(笑)

いや、私はリアルタイムでは知らないんですよ。
私がKLAATUを初めて知ったのは1980年代でしたから。

メンバーの素性を隠していたのは話題作りの作戦で、もちろんビートルズとは無関係なバンドでした。

この作戦がよかったのか悪かったのか、KLAATUはデビュー時にもっとも注目を浴び、以降はヒットに恵まれずに、5枚のアルバムを残して解散しました(2005年に再結成して、現在はカナダ国内で活動しているようですが)。

曲作りとか、演奏とか、なかなかの実力派だったのにどうしてブレイクしなかったのか。
「ビートルズの再結成か?」という最初の作戦がまずかったのかも知れませんね。
期待した音楽ファンは、真相を知って白けちゃったんじゃないでしょうか。
デビュー曲の「Calling Occupants Of Interplanetary Craft」はカーペンターズがカバーして、グラミー賞の候補にもなったんですけどね。

The Carpenters - Calling Occupants Of Interplanetary Craft


カレンがもう痩せていますね。
ビートルズはカバーを自分たちのオリジナルのように演奏するのがうまかったですけど、カーペンターズもカバーがうまいですね。
「Ticket To Ride」なんか別の曲みたいになってますもんね。それでいて美しい。

あとKLAATUの不発の原因は、時代の逆風もあったんじゃないでしょうか。
1970年代なかばといえば、パンク・ロックの時代でしょう。
ビートルズ風ロックは当時の音楽ファンの支持を受けなかったのかも知れません。

余計な売り出し方をしなければ、あるいは時代が違えば、歴史に残るメジャーなバンドになっていたかも知れないKLAATU

後にベースのジョン・ヴォロシャック、ギターのディー・ロング、ドラムスのテリー・ドレイパーの3人組だということを明らかにしており、今ではHPもあります。
Klaatu Home Page

そしてHPの中にある、彼らの写真。
members.jpg

うっ。
売れなかった原因はビジュアルにもあったのかも・・・(^ ^;

ところでKLAATUという名前。
映画「地球が静止する日」に出てくる宇宙人から取ったようです。
地球の静止する日

そう、ピンと来ましたね!

この映画はリンゴ・スターのアルバム「Goodnight Vienna」のジャケットの元ネタです。
ジョンからリンゴへのプレゼント曲
GOODNIGHT VIENNA

KLAATUのメンバーはかなりのビートルマニアだったんでしょうね。『人気ブログランキング』へ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.