私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなところにビートルズが(笑)!

2010/04/26 22:47|ポール・マッカートニーTB:0CM:8
いつもは全体の構成をそれなりに考えながら書いているんですが、今回は元が小ネタなので、徒然と駄文を重ねていくことご容赦くださいm(_ _)m


今回はアニメの話から入ります。

と、切り出すほどアニメに詳しくはないんですが・・・(笑)

切り出すほどというか、全く詳しくありません・・・(爆)


私の子供の頃にはまだ「アニメ」という言葉は一般的ではなく、普通に「マンガ」と呼んでました。

今は紙媒体のものだけを「マンガ」と呼ぶ感じですが、当時はテレビでやっている動くものもやはり「マンガ」でした。

ちなみに今では「マンガ」とカタカナ表記がしっくりきますが、当時は「漫画」と漢字の方がこれまた一般的だったと思います。


さて、テレビでやっている漫画が「マンガ」から「アニメ」に変わったのは「宇宙戦艦ヤマト」から「機動戦士ガンダム」へと人気が移った頃だったと、私は記憶しています。

少年時代の私は「ヤマト」の1作目と2作目の映画を映画館に観に行きましたが、「アニメ」と呼んでいた記憶がありませんし、ガンダムのキャラが表紙になっている雑誌「アニメージュ」や「アニメディア」を見て、「『アニメ』ってどういう意味?」 と友達に尋ねた記憶がありますから、おそらく時期的には合っていると思います。
ヤマト0 ガンダム

「ヤマト」から「ガンダム」への移り変わりはアニメの世界において、大きな変革だったようです。

もちろん漫画を子供の娯楽から青年まで熱中するものへと変えた点などで、「ヤマト」もエポックメイキングな作品だったと思うのですが、「エヴァンゲリオン」など現在のアニメへとつながるのは、やはり「ガンダム」かなという気がします。

「ヤマト」を今みると、60年代や70年代の「ど根性」的というか、たとえば主役の古代進を例にとっても「ガキ大将」的な雰囲気が漂ってるんですよね。

現代のようなシニカルなムードは劇中に感じません。


ここまで書くと私が「ガンダム世代」かのようですが、私は全くの「ヤマト世代」です。

「ガンダム」のクールな世界には入り込めず、「ヤマト」の人情とど根性に熱くなった世代です。


そしてこれもよく語られることなんですが、「ヤマト」は音楽がとてもよかったのです。

重厚で湧き出る情熱のような音楽は、それまでの漫画にはなかったものでした。

実際、「ヤマト」の音楽集は後に多くリリースされています。

その数多く出た音楽集の中で名盤と呼ばれているものに「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」があります。

ヤマト

これは宮川泰さん作・編曲の「ヤマト」のテーマ曲やBGMを交響組曲風にアレンジした作品集で、単なるBGMの寄せ集めにならないように丁寧なアレンジがなされています。

今は廃盤になっていて入手困難なためプレミアが付き、Amazonでは中古CDが12000円くらいの値段になってます。


さてさてお待たせしました。

そろそろビートルズ絡みの話になりますよ(笑)

で、その「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」の中に「出発」という曲が収められています。

こんな曲です。


この曲はテレビや映画の中で、赤土の荒野に埋もれた宇宙戦艦ヤマトがエンジンを起動させて初めて空へと浮上する、それも敵からのミサイルを迎撃しながら、というスリリングなシーンで使われています。

なのに、何となくゆったりとしているというか、スリリングな曲なのにどこかおっとりしてるでしょ。

この感じ、どこかで味わったことありませんか?

それでは解説書に載っている、作曲者の宮川泰さんのコメントをご紹介しましょう。

「ヤマト大発進(注:出発のこと)は、ポール・マッカートニーが作曲した007の映画音楽の何かにヒントを得てつくったんですよ。だからある部分、ちょっと似たところがあるかもしれませんね。低音がタ、タ、タアと大きなスケールであがっていく」

なんとこの曲はポールの「Live and let die」をヒントに作られているんですよ。

「Live and let die」はスパイ映画「007シリーズ」の第8作目のテーマ曲なんですが、スパイ映画なのでスリリングな曲のはずなのに、どこかおっとりしていてテンポがのたのたしてるなーと思ってたんですが、「出発」もそんな感じがするんですよね。

宮川泰さんが曲の名前を覚えていないくらいですからメロディは違ってますが、ゆったりしたメロディをベースに、クライマックスが波の満ち引きのように行ったり来たりする構成は、確かに2曲とも同じです。

低音がタ、タ、タア・・・の部分は「Live and Let die」ではどこのことかわからないんですけど、「Live and Let die」の終わりと「出発」の2分50秒あたりや演奏が終息する部分なんかは余韻がそっくりで、思わず顔がにやけてしまいます(笑)

こんな風に思わぬところにビートルズの面影をみつけると、それだけで幸せな気分になれるなんて、ビートルズのファンってやっぱり楽しいですよね(笑)『人気ブログランキング』へ

Paul McCartney & Wings - Live And Let Die

スポンサーサイト

ビートルズ映画2題

2010/04/19 22:00|映画TB:0CM:2
こんな映画が上映されているようです。



公式サイトはこちら→苦い蜜~消えたレコード」

ストーリーを簡単に説明すると、

ビートルズ・バー「リボルバー」。

そのオープニング・パーティのメインイベントは、この日のためにと有名芸能プロの社長でもあるバーのオーナーが集めたザ・ビートルズのLP14枚のコレクターズ・アイテムを飾ったディスプレイの除幕式だった。

ところが最も貴重盤とされる「ブッチャー・カバー」が消えていた。犯人らしき人物は現行犯で捕まるが、オーナーはショックのあまり倒れ、2ヵ月後に死亡してしまう。

その1年後、今度は小説で新人賞候補となった「リボルバー」のマスターのために、店の常連客が一同に会した。そこに探偵を名乗るひとりの男が現れる。

彼の口から語られた"のは、事故死してしまった犯人らしき人物の無実を証明するということ。そして、ゆっくりと1年前の事件の真相を暴いてゆく…。


苦い蜜ポスター

とまあ、こんな感じだそうです。

もとは舞台劇だったのを映画化したそうですので、映画の舞台はバー「リボルバー」のみで、バーの中での会話だけで話が進んでいくようです。

ビートルズや「ブッチャー・カバー」が大きなポイントになっているというよりは、単なる小道具のような気がするんですが、ビートルズ・バーを舞台に繰り広げられる推理劇というだけで、やっぱり観たくなりますね。

地域によって上映の日程がまちまちですので、今のうちに上映予定をチェックです。



さてもう一つ映画の話題を。

ロバート・ゼメキス監督の「イエロー・サブマリン」リメイクの企画は、俳優の選定まで進んでいるようです。
前の記事はこちら→「イエロー・サブマリンがリメイクされる!」


ビートルズのメンバーはイギリス出身の俳優たちが?ロバート・ゼメキス監督の『イエロー・サブマリン』

[シネマトゥデイ映画ニュース] ロバート・ゼメキス監督によってリメイクされる、ビートルズのアニメーション映画『イエロー・サブマリン』のキャスティングが明らかになった。

業界紙ハリウッド・レポーター紙のブログ版が伝えたところによると、ケイリー・エルウィズ、ディーン・レノックス・ケリー、ピーター・セラフィノウィッツ、アダム・キャンベルの4人がビートルズ役として出演交渉中とのこと。4人ともビートルズのメンバーと同じく、イギリス出身の俳優たちである。出演が決まれば、『あなたになら言える秘密のこと』のディーンがジョン・レノン役を、『ショーン・オブ・ザ・デッド』のピーターがポール・マッカートニー役を、『鉄板英雄伝説』のアダムはリンゴ・スター役を、4人の中で一番芸歴が長い『ソウ』のケイリーはジョージ・ハリスン役を演じることになる。

映画は、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとゼメキス監督が3Dモーションキャプチャー技術を駆使してデジタル3D映画として製作する。テーマ曲「イエロー・サブマリン」をはじめ多数のビートルズの楽曲が使用されることが明らかにされており、演奏シーンではアメリカのビートルズ・コピーバンド「ザ・ファブ・フォー」がオリジナルの楽曲に合わせて演奏することが決まっている。



それでは恒例の? 俳優さんそっくり度チェックといきましょう!

まずはジョン役のディーン・レノックス・ケリー

Dean-Lennox-Kelly.jpg

うーん、なるほど。

基本的に鼻筋がすっと通ってればジョンっぽくなるんですね、きっと。


次にポール役のピーター・セラフィノウィッツ

ピーター・セラフィノウィッツ

ポールは二重まぶたと眉の形がポイントですね~

でもちょっと本物よりも人相悪いゾ


リンゴ役のアダム・キャンベル

アダム・キャンベル2

愛嬌のある表情がリンゴっぽいですかね

目と眉の感じは私的にはちょっとジョージのイメージもあるんですが、やっぱり鼻ですかね。


で、最後にジョージ役のケイリー・エルウィズ

cary_elwes.jpg

4人の中では一番似てないかな~

ジョンの伝記映画「ノウウェア・ボーイ」の配役でもそうだったんですが、ジョージ役っていつもあんまり似てないんですよね~

 「ノウウェア・ボーイ」の記事はこちら→「ビートルズ映画の配役をチェック!」

ジョージの顔が意外に珍しい顔なのか、はたまたジョージの役は軽視されがちなのか?

ところでジョージ役のケイリー・エルウィズは1962年生まれの今年48歳。

45歳だった2007年の写真でもすでにこんなに老けこんだ感じなんですが、20歳代のジョージ役は大丈夫なんでしょうかね?

CaryElwes now

まあ特殊メイクとゼメキス監督の「パフォーマンス・キャプチャー」技術で無問題なんでしょうね、きっと。


「苦い蜜~消えたレコード」も「イエロー・サブマリン」リメイク版も、おそらくビートルズの従来のイメージや解釈を大きく変えるような内容ではないでしょうから、まあファンには違和感なく観れるような気がします。

CDのリマスター化が終わって音楽面での話題が最近乏しいビートルズですので、今度は映画の話題で楽しめればいいですね。『人気ブログランキング』へ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.