私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

レストア前後のPV比較

2015/10/22 17:26|The Beatles 1TB:0CM:0
11月6日発売のベストアルバム「The Beatles 1」の特典DVDに収録されるレストアされたPV「Revolution」が新たに公開されました。

今までに公開された曲とは違い、今度は曲の最後まで。フルバージョンです。

ちなみに“レストア(restore)”とは、老朽化などで劣化したものを修復して復活させる、という意味だそうです。

ピントや色調は50年ほど前とは思えない仕上がりになってますね。

11月6日が待ち遠しい毎日ですが、レストア前と後でどれくらい映像が違っているのか比較してみましょう。

まずは「Strawberry Fields Forever」

レストア前

タイトルに「HQ(High Quality)」と書いてあるように、今までの認識では画質はいい方だと思います。

レストア後

オープニングの木の枝が1本1本はっきり見えて、鮮明さに驚きますね。

続いて「Revolution」

レストア前

この動画も今までの中では結構 画質のいい方だと思います。

レストア後


「Strawberry Fields Forever」ほどの驚きはありませんけど、やっぱり色が鮮やかです。

PVを見るごとに感動を味わえそうで、11月6日が本当に楽しみですね。
『ポチっとひと押しお願いします』励みになります
スポンサーサイト

TV番組でビートルズのリニューアルPVを放送

2015/10/06 09:40|The Beatles 1TB:0CM:2
速報(短報)です。

アルバム「The Beatles1」の発売を前に、10月9日フジテレビ放送の『僕らの音楽 2015秋のスペシャル“ぼくらのビートルズ”』内で、リマスターしたPVが2本公開されるそうです。

アルバムや映像の公開については先行を許さず世界同時発売が多いビートルズですが、今回は珍しいですね。

we can work it out

フジテレビ『僕らの音楽』でザ・ビートルズ特集

フジテレビ『僕らの音楽』のスペシャル放送として、『僕らの音楽 2015秋のスペシャル“ぼくらのビートルズ”』が10月9日に放送される。

◆フジテレビ画像

解散して45年以上経た今もなお「史上最高のロックンロールバンド」と評され、愛され続けるビートルズの魅力に迫る今回の『僕らの音楽』は、ビートルズのメンバーが出会い、バンドを結成し、出す曲全てがチャートのナンバー1を獲得、スター街道を駆け上がり、アメリカ制覇、初来日、そして惜しまれながらも解散に至るまでを、一挙に振り返るという。

司会に草なぎ剛(SMAP)、進行を務める加藤綾子(フジテレビアナウンサー)、ゲストのリリー・フランキーがスタジオでビートルズの歴史を振り返り、ビートルズを敬愛してやまない評論家の湯川れい子や、鮎川誠(シーナ&ロケッツ)をはじめとするアーティストたちがコメントを寄せ、「なぜビートルズは時代・世代を超えて人々を魅了するのか」「なぜ僕らはビートルズが大好きなのか」を余すところなく語り尽くす番組だ。

演奏ゲストには、ビートルズの影響を受けた「ビートルズのひ孫世代」、ビートルズが解散して以降に生まれたアーティストたちが登場し、[Alexandros]は「ヘルタ・スケルター」を、miwaは「イエスタデイ」を、THE BAWDIESは「デイ・トリッパー」を、それぞれ独自の解釈・アレンジで演奏する。

番組の中では、世界中の誰もまだ目にしたことすらないビートルズの最新映像も放送される。11月6日に全世界同時発売となる「ザ・ビートルズ1」より、最新映像が世界に先んじて初公開されるというものだ。今回、英Apple Corps Ltd.の理解と協力のもと、11月6日(金)に世界同時発売となる『ザ・ビートルズ1』から、最新の技術で4Kクオリティーにまでレストアされた2曲の映像が登場する。1曲は1969年にリリースされた「ヘイ・ブルドッグ」だ。ごく一部のビートルズマニアの間で、「レディ・マドンナ」のミュージックビデオに、実は「ヘイ・ブルドッグ」の演奏風景が使われていたのではないかと言われてきたが、今回は、その「ヘイ・ブルドッグ」の映像を「ヘイ・ブルドッグ」の映像として4Kクオリティーにまでレストアしたもので、まさにファン待望の映像といえるものだ。もう1曲は、1965年にリリースされた「恋を抱きしめよう」で、今回初公開となる映像には「デイ・トリッパー」との両A面シングルとして発売されたこの曲のスタジオでの演奏中に、ジョン・レノンがポール・マッカートニーを笑わせようとしている様子なども含まれている。

制作を担当するフジテレビバラエティー制作センターの黒木チーフプロデューサーは、「いつの時代になっても、どんなに語っても語り尽くせず、発見があり続けるのがビートルズだと思います。草なぎさん、リリーさんはじめ多くの皆さまから“いまの言葉”を、ロンドンのアップル・コアから“最新の映像”を頂きました。“最新型のビートルズ”(あるいは“この秋冬のビートルズ”)をお楽しみいただけると思います!」と語っている。

全世界にファンを持つビートルズだが、その活動期間は非常に短く、8年足らず(1962年デビュー、1970年解散)の間に発表した曲は全213曲、アルバム13枚で、全世界での累計売上枚数は、10億枚以上と言われている。

『僕らの音楽 2015秋のスペシャル“ぼくらのビートルズ”』

10月9日(金)午後11時~11時54分放送
司会:草剛(SMAP)
進行:加藤綾子(フジテレビアナウンサー)
スタジオゲスト:リリー・フランキー
コメントゲスト:湯川れい子(評論家)/トータス松本(ウルフルズ)
YO-KING(真心ブラザーズ)/斉藤和義/
和田 唱(TRICERATOPS)/家入レオ/
鮎川 誠(シーナ&ロケッツ)/
ジョナサン・クライド(英Apple Corps Ltd.映像制作担当役員)他
演奏ゲスト:【Alexandros】/miwa/THE BAWDIES


ビートルズの歴史を約50分で、ゲストの演奏も交えて振り返るようなので、内容はあまり深いものにはならないと思いますが、新しいPVは必見ですね。
『ポチっとひと押しお願いします』励みになります

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.