私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポールの再婚報道に思う

2009/02/02 16:55|ポール・マッカートニーTB:0CM:4
真偽のほどは定かではありませんが、ポール・マッカートニーの3度目の結婚(の噂)がニュースになっています。
ナンシー・シェヴェルさんとの交際は1年以上前から報道されていましたし、特に進展した内容でもないのに、なぜ今の時期にまたニュースになっているのか不思議なんですが。

ポール・マッカートニー、49歳の女性と3度目の再婚へ
[ 1月26日 21時36分 更新 ]

ポール・マッカートニーは、以前から噂されていた新恋人のナンシー・シェヴェルと、3度目の結婚をすることになるようだ。英紙『Daily Mirror』が報じており、ポールはこの再婚について「僕らは一緒になることができて、とてもハッピーだ」と友人に語ったという。

現在49歳のナンシーには、弁護士のブルース・ブレイクマンという夫がいたが、昨年12月に離婚協議が終了したという。一方ポールは、前妻のヘザー・ミルズとの泥沼離婚(2008年3月に和解)がまだ記憶に新しいだけに、娘のステラ・マッカートニーが父親の再婚に反対していたらしい。しかし最近ステラは再婚を承諾したようだ。関係者は「ポールにとって、ステラの承認を得ることは非常に重要だった」と言っており、これで再婚に向けての弊害がなくなったとみられている。ナンシーとステラは仲も良く、同じくポールの子供のメアリー、ジェームズも含め、関係は良好だという。

ポールの再婚というとその財産目当てとみられがちだが、ナンシーは父親が経営する運送会社の副会長を務めており、自身も裕福のようだ。「ナンシーは金持ちだから、お金のためにポールと一緒になるわけではないようだ。前妻のヘザーは炎のように衝動的な女性だったが、ナンシーは穏やかで、成熟した女性らしい。だからポールとナンシーは、まったく自然に、一緒に幸せを見つけたんだと思うよ」と関係者は語っている。


正確には「3度目の再婚へ」は、「3度目の結婚へ」または「2度目の再婚へ」ですね。
ポールの婚姻歴は、1969年にリンダ・イーストマンと結婚して1998年に死別。2002年にヘザー・ミルズと再婚して2008年に離婚、です。

ただし正式な発表があったわけではなく、ポールの代理人は否定しているそうです。

ポール・マッカートニー「男はロマンスが好きなんだ」
[ 2月1日 9時49分 更新 ]

前妻ヘザー・ミルズとの離婚バトルを経て、現在はアメリカ人の恋人ナンシー・シェヴェルと交際中のポール・マッカートニーが、初めて離婚前後の心情について語った。ポールは毒舌の人気DJハワード・スターンのインタヴューに次のように答えている。

「僕はどん底の時期を乗り越えてきた。僕には愛が必要なんだ。男はみんなそうさ。一人ぼっちでいたい奴なんているかい? 男はロマンスが好きなんだ。少なくとも僕は好きさ」

ポールは先ごろ、ナンシー・シェヴェルとの結婚を報じられたが、これは代理人が否定している。しかし、交際自体は順調のようだ。

ハワードはまた、ヘザー・ミルズとの離婚後にポールと噂になった有名人――女優のレネ・ゼルウィガーやロザンナ・アークウェット、スーパーモデルのクリスティ・ブリンクリー(ビリー・ジョエルの元妻)についても突っ込んだ質問をしようとしたが、ポールに「ハワード、新聞の読みすぎだよ」(笑)と軽くかわされた。


実際に結婚間近なのかも知れませんね。

ポールほどの有名人、資産家であれば、言い寄ってくる女性はたくさんいるでしょうし、浮き名を流して遊ぶ相手にも困りはしないでしょう。
前回の離婚裁判で結婚によって発生するイザコザには相当懲りているはずのポールですが、また結婚を考えているのならば、ポールにとっての愛の形は「結婚」⇒「家庭」なんでしょうね。

私としては、この再婚報道で思ったことが3つあります。
最初の2つはどうでもいいことなんですが(笑)

それではまず、どうでもいいことの1つ目。

噂のナンシー・シェヴェルさんです。
Nancy Shevell

で、ロック界のおしどり夫婦だったリンダ。
paul  linda mccartney

こちらがヘザー・ミルズ。
Paul Heather

それからビートルズ時代の、リンダと結婚する前に公認の恋人だったジェーン・アッシャー。
jane1.jpg

ついでですから、記事の中で名前が挙がっている女性たちの写真も。

レネ・ゼルウィガー。
renee-zellweger.jpg

ロザンナ・アークウェット。
rosanna-arquette.jpg

クリスティ・ブリンクリー。
Christie_Brinkley.jpg

もうお分かりでしょう。
そうなんです。
ポールの好みは金髪女性なんです(笑)
ジェーン・アッシャーは欧米人にとっては「赤毛」らしいんですが。

ナンシーさんとのロマンスが報じられた時、私は即座にガセネタだろうと思いましたよ、ええ。
だって黒髪だったんだもん(笑)

それからどうでもいいことの2つ目。

ナンシー・シェヴェルさんもそうだし、ハワード・スターンのインタビューの中で名前が挙がっている女性もそうですが、みんなアメリカ人なんですよ。

ポールはFab4の中で唯一人、イギリス国内に住み続けているメンバーなんですよね。
高い税金にもめげず(笑)
アメリカに別荘くらい持っててもおかしくないんですが、イギリス女性でなく、なぜアメリカ女性ばかりが噂になっているのか不思議ですね。

そして再婚報道で思ったことの3つ目で、これが本題なんですが、ポールは世界中を回る大規模なライブ・ツアーを行うつもりではないかということです。
最近のポールは単発のライブの開催のみで、ツアーに出ることは今のことろ否定していますが。

世界ツアーに出るとすれば、おそらく1年がかりの規模になるでしょう。
今年67歳になるポールにとっては2~3時間のステージをこなすだけでもかなりの負担でしょうし、さらにホテル暮らしで移動を続ける生活は、気力・体力ともに激しい疲労を伴うものだと思います。

そんな時、ステージでの疲れ、旅の疲れを癒すことができる時間、空間。
ポールにとっては、それがナンシーさんとの「家庭」なのではないでしょうか。
ポールがツアーに出る際には奥さんも連れて行くのが慣例ですので、来年あたり、成田空港でナンシーさんと並んで手を振るポールの姿が見れるかも知れません。

ポールが再婚で幸せになって、ファンはツアーを楽しむことが出来れば、ホントに最高なんですけどね。『人気ブログランキング』へ
Paul and Nancy in Airport
スポンサーサイト
コメント
まあ懲りずに結婚しなくていいのにねえ(笑)
この女性が、常識ある人であることを願うばかりですよ。
将来、子供達が遺産相続で言い争いにならぬよう願うばかりですね~
今後、過去に積み上げた栄光を総決算する大事な時期にさしかかるわけですから、是非ともポールには、慎重な行動を取ってもらい、素晴らしい晩年を迎えてもらいたいですね…
John Beatle Lennon #-|2009/02/04(水) 19:06 [ 編集 ]
ヘザー・ミルズの時のように金銭トラブルが飛び交う可能性は低そうですが、性格については報道が見つからないんで不明ですね。
まあ、今度は「離婚する場合の条件についての契約書」を書くでしょう。
どっちも資産家だし。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2009/02/05(木) 15:01 [ 編集 ]
こんばんは!

報道云々はともかくとして、ポールが幸せな余生を送ることができれば
それが一番良いと思います。

ヘザーのようなバカ女に翻弄させられ、ひどい目に遭ったポール。
今度こそリンダさんのような女性と幸せになって欲しいと思うばかりです。

ヘザーの離婚のゴタゴタがなければ、4回目の日本公演は実現していたと思います。
なので、余計にヘザーには恨みツラミがありますね(苦笑)
湘南のJOHN LENNON #hjT0rHcs|2009/02/11(水) 03:05 [ 編集 ]
>ポールが幸せな余生を送ることができれば
>それが一番良いと思います

その通りですね。
それで気力が充実して音楽活動にも力が入れば、それはそれでファンとしては有り難いですし。

ヘザーとの離婚裁判がなければあの時期にツアーの計画があってもおかしくなかったんですよねー。

今後に期待しましょう!
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2009/02/12(木) 08:31 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/tb.php/106-db24295a

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.