私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョンレノンミュージアムの存続を求める市民の会」からコメントをいただきました

2010/01/23 17:28|ジョン・レノンTB:0CM:12
「ジョン・レノン・ミュージアム 来年秋に閉館の危機」のエントリーに対して、「ジョンレノンミュージアムの存続を求める市民の会」の方からコメントをいただきました。

コメント欄をクリックしていただければ読めるのですが、ここに全文をご紹介させていただきます。


ぜひ署名にご協力ください

今のままでは信者系の人以外はリピートしないのはわかってる。
ヨーコディレクションの作りになっているのも間違いなし。
それでも今無くしてしまえば永久に戻らない。
バッハやモーツアルトと200年後には肩を並べるような人。
それを10年でさようならでは世界に笑われる。
どこの国へいっても、ビートルズというだけ話題ができ、
ジョンレノンミュージアムというと、「SAITAMA?」と言われる。
それはけっこう重要なことだ。

ジョンの冠はそう簡単に手に入らない。
運営の方向性とアイデア次第で再生は可能だ。
だから今はとりあえず残したい。

そんな気持ちで署名活動しています。
ヨーコ夫人と大成建設の最終結論がでるまで時間がありません。
ぜひご協力を!
ブログでネット署名もできます。



「ジョンレノンミュージアムの存続を求める市民の会」のHP(ブログ形式なので厳密にはHPとは言わないのかも知れませんが、細かいことは抜きでお願いします)を読むと、ミュージアムの運営の状況がよくわかります。また会長さんのお気持ちには共感するところが多いです。

生の情報がよくわかり、上から目線な言い方で恐縮ですが、一読の価値があるHPだと思います。
「ジョンレノンミュージアムの存続を求める市民の会」
o0800056610385212132.jpg


一方いまだによくわからないのは、ヨーコさんのミュージアムに対するスタンスです。

私の記事の中で書いたヨーコさんへのライセンス料支払いというのは実際にはないのかもしれませんが、ヨーコさんからの支援も全くないようなんですよね。

ミュージアムが閉館の危機で、存続のために活動する地元市民がいて、で、当の本人(ヨーコさん)は? という気持ちを抱いているファンは多いんじゃないでしょうか。

そこが明確になれば、支援活動はきっともっと大きくなると思います。

ヨーコさんのひと声があれば日本国内どころか、世界中のジョン・レノン・ファンの支援が集まると思うんですけどねえ。『人気ブログランキング』へ
スポンサーサイト
コメント
東京ヒルトンさんがおっしゃるとおり、ヨーコさんのお考えがどうなのかということが重要ですね。JLMが一体どういうところで、将来的にどのようにしたいのか。よく見えません。
それから大成建設は営利団体ですので、赤字が続き儲からなければ当然のことながら手を引くでしょう。一度副館長さんにおたずねしたことがあるのですが、企業がやっている営利目的の博物館なので、学芸員は必要ないとのことでした。学芸員がいないということは、資料研究などはまじめに行われないということです。所謂「博物館」ではないのです。
そして、正直なところ、あの「入れ物」ではどんどん赤字が増えるだけだと思いますので(大きな施設の維持費、立地による入場者の減少など)、存続させるためには、場所の移転という形がいいのではないかと思います。埼玉県でももっと人が集まるところがあるはず。あの場所に執着していては事態は好転しないような気がします。
私は3回行きましたが、その後「絶対に行きたい」という気持ちにならないのです。スペースの割には展示物が少なく、レプリカが多かったこともあります。ファンを唸らせる内容も必要不可欠だと思います。そして何よりも「遠い」のがネックです。
勝手なことを申し上げましたが、何らかの形で存続のお手伝いはしたいと思っています。
JUN LEMON #-|2010/01/25(月) 00:29 [ 編集 ]
相手が公立だったら署名で騙されるかもしれないけれど、民間が商売道具でやっているミュージアムに署名活動して何になるのかな???

この手の市民活動を見ると反吐が出そうになる

単に価値に見合うものをミュージアムが提供できてない証拠なんじゃないのだろうか?

本当に好きなら署名より、寄付するべき。寄付よりは同好の者を増やして、事業を維持できる運営利潤があげられるように応援するべきだね

趣味にしか過ぎないものなのに、運営会社に赤字を押し付け続けるのも資本主義社会じゃ継続不能だしね。

ヨーコにも見放されているミュージアムということでもないのかな?

反市民団体 #uOJsq7Ew|2010/01/25(月) 01:51 [ 編集 ]
pyonkichiさんがご紹介くださったヨーコさんのつぶやきからは、ヨーコさんは閉館しても構わないと考えているように感じました。
本人が冷めているとしたら、この温度差を埋めて状況を好転させるのは困難でしょうね。

私は実際に行ったことがないのですが、JLMは場所と展示内容の両方に課題があるようですね。
ファンの憩いの場のような施設にできえればよかったのでしょうが。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2010/01/25(月) 12:42 [ 編集 ]
景気のいい時なら文化事業として民間企業が採算のとれないことをすることもしばしばあったと思いますが、今は厳しいでしょうね。
民間どころか公的施設でも採算性を求められる時代ですし。

ただ、市民の会のジョンやJLMへ適度な距離感と愛情には共感しますし、自分にできることがあればやりたいというお気持ちは尊重したいと思っています。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2010/01/25(月) 12:53 [ 編集 ]
>反市民団体さん

こんにちわ。同じビートルズファンの方から
「反吐が出る」とまで言われると悲しくなりますが、
ミュージアムが入場料に見合う価値を提供できなかったということは
事実ですし、他のご指摘もごもっともな面も多々あります。

寄付を行うという手もあるでしょう。
しかしながら、私たちはこうしたことのプロではありません。
ノウハウもなく「どうすべき」という座標軸も持ち合わせておりません。
ただ同じように存続を求める仲間たちは全国にいるはずだと考え、
そうした仲間づくりから、始めようと思っているのです。
そうすればアイデアやノウハウも集まるかもしれません
その手段が署名です。募金までは負担が大きくてできません。
どうすれば経営が成り立つかまでわかりません。
反市民団体さんがそうしたノウハウを持っているのであれば
ぜひアドバイスをいただきたいと思います。

また活動の中で、JLMの危機を知らない方がたくさんいると気づきました。
ジョンと同じ年齢の人たちはネットもあまりやりません。
ですので、この署名活動はリアルしか使わない人たちへのお知らせでもあります。
署名をした人は心のどこかで
「それじゃあ今度見に行ってみよう」と思うかもしれません。
それが入場者数の増大につながるでしょう。
今の私たちにできることサポートはそれが精一杯です。

また一方で、これまで県やさいたま市はジョンレノンミュージアムをまともに
PRしていませんでした。海外からのお客様にも国内の人にも。
もともと埼玉県知事との約束で作った施設であるのにです。
そうしたこともコンテンツとは別に盛り上げ切れなかった要因です。

それから、
ヨーコには、見放されているかもしれませんね。
何もしないでいたら、さらに見放されるだろうと思っています。
今度は世界から。
ジョンレノンミュージアム存続を求める市民の会 #bfKrNRig|2010/01/26(火) 19:07 [ 編集 ]
JUN LEMONさんへのアンサーが遅れました。 学芸員について問い合わせをしておりました。
確かにおっしゃる通りでした。

ヨーコさんは海外の他の自治体や企業からの申し出を断って、大成建設からの申し出を受け入れ
個人の所有物を提供してくれたのですから、当然思い入れはあるでしょう。
日本という国を大切に思ってくれてもいるでしょう。
ですが、思ったほどお客様がこない(つまり喜ばれていない)のであれば、無理に存続させること
はないと考えているようです。今の来場者数に驚いているそうです。
これはJLMの意義やポテンシャルの問題ではなく、大成建設側の運営上の判断ミスが大きいです。
水沢館長には皆様がおっしゃるようなことも含めて、私のブログでご紹介したようなことを
口頭で説明してきました。
水沢さん自体社員ですので、難しい立場におられますが、
「発足当初からそうしたビジョンで進めていれば、違った現在になっていたと思います」
と話されておりました。

また場所の問題ですが、ブログで説明したように先に場所が決まっていて
そこからスタートした話ですので、移転などはありえません。
むしろ、JLMを有効活用して、地域を活性化できなかった自治体に問題があります。
それほどへんぴな場所ではないです。
大阪の岸和田あたりの人が甲子園球場に行くより、
東京の人がJLMに行く方が近いでしょう。大宮駅には新幹線も止まります。
そちら方面からなら、東京より近い場所です。
要はニーズの掘り起こしとユーザーニーズにあわせた運営、
そしてPR不足なのだと思います。

全体的に「箱やインフラさえつくればあとは勝手になんとかなる」的な発想が
経営側にも自治体にもあったと感じています。
そのためにコンテンツというもののとらえ方が希薄でした。

確かに問題は多いですね。
でも、何もやらなかったら後悔するので、がんばりたいと思います。

ジョンレノンミュージアム存続を求める市民の会 #eP1cGWnA|2010/01/27(水) 14:03 [ 編集 ]
ご無沙汰しております。
ジョン・レノン・ミュージアム閉館と聞き残念な思いで一杯です。運営母体がゼネコンということもあり、この不況ではまっさきにリストラされる不採算部門と鑑みると仕方のないことでしょう。慈善事業ではないのですから。
京都から埼玉までは遠いので、私は未だに足を運んだことがありません。我がままな願いを申し上げれば関西に移転してほしいと思います。でも、関西は関東よりも景気が悪いので絶対に無理でしょうね。
小野洋子さんは「分からんヤツは分からんので閉館しても結構」とか思われているのでしょうか。あの人はこの年末年始にかけてメディア露出が多かったような気がします。確か「徹子の部屋」にも出演されていたのでは。録画したけれどまだ観ていません。お叱りを受けるような言い方になるかもしれませんが、あの人は自分の著作についての宣伝をしてもミュージアムについては一言も語りたくないのでしょうね。
悪態をついたようです。失礼致しました。
Backstreets #wTMhZQrk|2010/02/02(火) 01:07 [ 編集 ]
アクセスの悪さという点は移転しか対策がないでしょうけど、いかに地元と密着した文化施設にできるかがやっぱりポイントでしょうね。

いろいろな情報がわかってくるとどうやらヨーコさんはJLMの運営側ではなく、運営者に展示の許可を与えている立場であり、ヨーコさん自身はJLMに愛着を持っている感じはしませんね。ヨーコさんのそんな第三者的な態度に不満を感じているファンは多いんじゃないでしょうか。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2010/02/02(火) 10:06 [ 編集 ]
いよいよ署名運動にまで発展しているんですね。
ジョン・レノンへの愛情を感じます。
しかし、その愛はヨーコへは届きませんよ。

もう二度とこのような施設が日本にできなくなる…いいじゃありませんか。
ヨーコも企業も金が儲からなければ止めちゃう程度のスタンスだったのです。
そんな施設は必要ありませんよ。

ジョンレノン空港・ジョンレノン学校・ジョンレノンミュージアムetc
ちょっと恥ずかしくなるような冠ばっかり。
ジョンが生きていたら笑い飛ばして馬鹿にされるような事ばかりです。

もう、ヨーコや企業に振り回されることはありませんよ。
nob #-|2010/02/03(水) 14:26 [ 編集 ]
大成建設とヨーコさんは閉館でよしとしている感じですね。
存続を望むファンの気持ちをどこにぶつけるべきなのか、ポイントがわかりにくい状況だと感じます。
「存続を求める市民の会」のHPを見ていると、こういう取り組みをスタートからするべきだった思うところが多いです。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2010/02/04(木) 09:14 [ 編集 ]
この記事の続報です。
本日、大成建設が正式にJLMNの閉館を発表しました。
したがいまして、これ以上の署名は募りません。
またいただいた署名はJLMに感謝の意味で手渡すことにしました。
ご協力いただいた皆さんには申し訳なく感じています。
また、ご協力にも感謝します。

唯一、またどこかにJLMができるということは、
逆によいことだと思えたことは救いでした。

お騒がせして申し訳ありませんでした。
ジョンレノンミュージアム存続を求める市民の会 #-|2010/02/04(木) 18:50 [ 編集 ]
活動お疲れさまでした。
もともとJLMには冷めていた私でしたが、会のHPの語りや活動を知るにつけ、認識を新たにしました。
自分の気持ちを素直に行動にうつされた会の方々には敬意を表します。

>唯一、またどこかにJLMができるということは、
>逆によいことだと思えたことは救いでした

未来を作るのは、ポジティブ・シンキングですね。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2010/02/05(金) 08:45 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/tb.php/147-dd2e1936

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.