私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズらしさって何だろう?

2013/09/03 16:38|ポール・マッカートニーTB:0CM:2
今年11月に日本公演が決定しているポールですが、来日前の10月にニュー・アルバムをリリースするというニュースです。
(日本公演のセットリストにも新曲が入るといいですね)


ポール・マッカートニーがビートルズを彷彿させる新曲「NEW」を公開

 ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の新曲「NEW」のラジオでのオンエアが8月29日に全世界でスタートし、YouTube(youtu.be/pE_1V0phMW8)でも音声が公開されました。ビートルズを彷彿とさせるメロディに、前向きな歌詞が乗ったポップ・チューンとなっています。この新曲「NEW」は日本では9月2日よりiTunes Storeなどで配信されます。また、6年ぶりのオリジナル・スタジオ・アルバム『NEW』(UCCO-3048 税込2,600円)が10月14日に発売されることが発表されました。
 
 米『ローリング・ストーン』誌のウェブサイトに掲載された記事“この秋に聴かなければならない26のアルバム”によると、ポール・マッカートニー本人が「ビートルズ回帰のアルバム(Back to the Beatles albums)にした」と語っている。プロデューサーにはエイミー・ワインハウスらを手がけたマーク・ロンソン、アデルのヒット・メーカーのポール・エプワース、キングス・オブ・レオンのコラボレーターのイーサン・ジョンズ、ジョージ・マーティンの息子であるジャイルズ・マーティンといった、気鋭の若手が名を連ねています。
 
 ニュー・アルバム発売翌月の11月には、11年ぶりの来日公演「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」が東京、大阪、福岡で行なわれます。



さて、ポール本人が「ビートルズ回帰のアルバム」と語ったというニュー・アルバムからのシングル・カット曲「NEW」は、こんな曲です。



この曲を聴いて ふと連想したのが、1969年にポールがバッド・フィンガーのために作った「Come And Get It」でした。



アルバム全体を聴いてないので言い切るのははばかられますけど、ポールが考えてる「ビートルズらしさ」ってこういう感じなんでしょうか?

ビートルズの曲でいえば「PENNY LANE」でしょうか。

以前に、覆面バンドのKlaatuの記事をアップした時【記事はこちら】に「まさにポールの曲」と私が書いたのも、なるほどこんな曲でした。

(KlaatuのオリジナルはEMIの申請でYouTubeで再生できなくなったようですので、今回はカバー版です)


一般に私たちはこういうテンポ、メロディ、雰囲気の曲を「ビートルズらしい」と思うようです。

でもそれが「ビートルズらしさ」の一部にしか過ぎないとファンなら感じていると思いますし、何よりポール自身がよくわかっているはず。

ポールが「ビートルズ回帰のアルバム」と語ったニューアルバム。

ポールが考える「ビートルズらしさ」を知るためにも、早く通して聴いてみたいものですね。
『人気ブログランキング』へ
スポンサーサイト
コメント
ポールの新曲、私のブログではちょっと批判的に書いてますけど、お気になさらずに。期待とのギャップということで。

「My Valentine」は、Here,There and Everywhere を
「New」は、Got To Get To Into My Life を思い出させた。

ビートルズらしさとは、常にビートルズらしくないこと。
Please Please Me、Day Tripper、A Hard Day's Night、Yesterday、
Sgt. Pepper's、Get Back、Mystery Tour、Come Together
全部ビートルズだけど、似たようなものはない。
アルバムをリリースするたびに進化していく、それがビートルズ。
だからビートルズサウンドなんていうものはない。
だからこそ聴く人を常に驚かせ、感動させ、平伏させる。

つまり、ビートルズへの回帰とは、新たな時代を切り開くという意味で、
私の中では、パラドックスになる。

ローリングストーンズはちょっと違う。
全曲ストーンズ色一色。
それはそれでいい。

tonyshoe52 #-|2013/09/05(木) 18:08 [ 編集 ]
今回の新曲もそうですし、ライブのセットリストなんかからも、最近のポールには新しい音楽を切り開こうという気持ちはあまりないように思えますね。

今回のアルバムで興味深いのは、今ポールが考えている「ビートルズらしさ」ですね。

みんなが安心してノスタルジーにひたる音楽なのか、意表をつく斬新さがあるのか。

そのあたりに注目しています。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2013/09/07(土) 09:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/tb.php/216-7f18565a

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.