私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望む! ポールのソロアルバム再リリース!

2013/12/24 17:03|ポール・マッカートニーTB:0CM:10
私にとってポールの来日公演はいまだに新鮮な記憶というか、あの時の感動を今でも生々しく思い出すことができます。

なのでポールのライブレポも最近 書いた気がしてたんですが、もう1ヶ月以上経つんですねえ。

今日は12月24日

メリー・クリスマス!♪(☆´∀゚)o∠※:;:,。・:・゜☆パ---ン!



さて妻の友人に今回のポールの日本公演を観に行った方がおられまして、その方が

「ポールのウイングス時代のアルバムを聴いてみたい」

と妻に言ったとのことでした。


コンサートに行くくらいポールのことが好きな人がウイングスのアルバムを聴いたことがないのを意外に思いましたが、何しろウイングスが活動していたのは30年以上前のこと。

最近ファンになった(といっても、キャリアが長いのでどの辺りからを最近と呼べばいいのか定かではありませんが)人ならそういうこともあるでしょう。

かくいう私もウイングスのアルバムはレコード時代にはレコードやカセットテープでよく聴いてましたが、CD時代になってからはそれほど聴かなくなっていたので、私が持っているウイングスのアルバムは「Red Rose Speedway」「Band On The Run」「Wings Over America」の3作品しかありません。

あとのアルバムは頭の中に昔の記憶で残ってるので、買う機会を逸してたんですよね。

とりあえず手持ちの3作品をCD-Rにコピーしてあげて、これを機会に持ってないウイングスのCDを買おうと思ったんですが、何と、どこのショップにも売ってない!

以前にamazonで「Back To The Egg」が品切れになってるのを見た記憶があったんですが、どうやらただの「品切れ」ではなかったようです。

ポールのEMIからヒア・ミュージックへのレコード会社移籍後、「アーカイヴ・コレクション」と題した過去のアルバムのリマスター化企画が2010年から始まったので、音が良くなったアルバムをいつでも買えると安心していたら、この3年の間にリマスター化されたのは5作品のみで、あとは実質上の廃盤状態。

引退したり死去したりして過去の人になっているミュージシャンならともかく、今でも現役バリバリのポールのアルバムが買えないなんて・・・。


ポールのEMI時代のアルバムのうち、今でも販売しているのが8作品。

なんと13作品が現在入手できなくなっています。
(下にリストを挙げます。青字は現在入手可能。黒字は廃盤)

McCartney / ポール・マッカートニー ('70) 2011年6月発売
Ram / ラム ('71) 2012年5月発売
Wings Wild Life / ウイングス・ワイルド・ライフ ('71) 
Red Rose Speedway / レッド・ローズ・スピードウェイ ('73) 
Band On The Run / バンド・オン・ザ・ラン ('73) 2010年11月発売
Venus And Mars / ヴィーナス・アンド・マース ('75) 
Wings At The Speed Of Sound / スピード・オブ・サウンド ('76) 
Wings Over America / ウイングス・オーヴァー・アメリカ ('76) 2013年5月発売
London Town / ロンドン・タウン ('78) 
Back To The Egg / バック・トゥ・ジ・エッグ ('79) 
McCartney II / マッカートニーⅡ ('80) 2011年6月発売
Tug Of War / タッグ・オブ・ウォー ('82) 
Pipes Of Peace / パイプス・オブ・ピース ('83) 
Give My Regards To Broad Street / ヤァ!ブロード・ストリート ('84) 
Press To Play / プレス・トゥ・プレイ ('86) 
Flowers InThe Dirt / フラワーズ・イン・ザ・ダート ('89) 
Off The Ground / オフ・ザ・グラウンド ('93) 
Flaming Pie / フレイミング・パイ ('97) 
Run Devil Run / ラン・デヴィル・ラン ('99) 2011年6月発売(非リマスター)
Driving Rain / ドライヴィング・レイン ('01) 2011年7月発売(非リマスター)
Chaos And Creation In The Back Yard / ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード ('05)


「Venus And Mars」や「Tug Of War」も廃盤扱いかあ。「Flowers InThe Dirt」はツアーに出て復活を印象づけた記念のアルバムなのに。

ビートルズの話題が今でも世間を賑わせ、ポールの新作の売れ行きもそこそこ好調で、おまけに11年ぶりの来日公演もあったのに、このまま廃盤扱いのままなんでしょうかね?

今年ほどポールで日本が盛り上がることはこの先ないかも知れないのに、今 再リリースされないと、この先ずっとない気がします。

あれ?

ここまで書いてふと気がついたんですけど、

2010年にポールがEMIからヒア・ミュージックへ移籍した時に、ポールは自分のソロアルバムの販売の権利をヒア・ミュージックの親会社のユニバーサルに移したんでしたっけ?

じゃあ多くの作品が廃盤のままになってるのは、ポールの意思? それともユニバーサルの判断?

いずれにしても、日本で再リリースするなら、

щ(゚д゚щ) 今でしょ!
『人気ブログランキング』へ
スポンサーサイト
コメント
>「Flowers InThe Dirt」はツアーに出て復活を印象づけた記念のアルバムなのに。

おっしゃる通りです。
アルバムでは「My brave face」
ツアーでは「Figure of eight」
がオープニング。
まさに復活でした。

1990年東京ドーム。
直接ポールを見た感動が忘れられません。
また、その時のチケットを偶然手にした感動も。
蟷螂の斧 #sktWpA2Y|2013/12/25(水) 22:55 [ 編集 ]
「Flowers In The Dirt」は前半から佳曲連発して後半息切れしてる感はあるんですけど、ツアーの思い出と相まって、印象深いアルバムですよね。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2013/12/26(木) 12:40 [ 編集 ]
ツアーでは演奏されませんでしたが、「Distractions」も佳曲です。
きれいなメロディです。当時何度も聞きましたよ!

>前半から佳曲連発して後半息切れしてる感はあるんですけど

それは当たってますね(苦笑)。後半は、ちょっと辛いです。
また、ボーナスCDの「 P.S.Love Me Do」は当初「Love me do(27年ぶりの録音)」と言われていたので期待していたのですが、期待外れでした。

>ツアーの思い出と相まって、印象深いアルバムですよね。

そう思いますよ。
そして、あの頃はポールの愛妻リンダも健在でした。
あんな悲劇が訪れるとは思いませんでした。
蟷螂の斧 #wBFTzBiM|2013/12/26(木) 17:37 [ 編集 ]
「P.S. Love Me Do」は確かに期待外れな曲でした(笑)

聴いたことがないから聴いてみたいという新しいファン、リアルタイムで聴いて思い出がある古いファン。

どちらのためにも再リリースしてほしいですね。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2013/12/27(金) 09:00 [ 編集 ]
このアルバムの中で一番良かったのは
「C'mon People」です。
特に1993年東京ドームでの演奏が良かったです。
バックにいろんな人の画像が出る。
そしてジョンとポールの画像が接近していく。
感動的でした!
蟷螂の斧 #qQC3.bK.|2013/12/28(土) 12:39 [ 編集 ]
「Off the ground」は復活ツアー後の新作で期待が高すぎたせいか、実際よりも評価が低くなってしまった感がありますね。

次のツアーではこのアルバムからの曲をたくさん演奏してますし、ポール自身は気に入っていたんだと思います。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2013/12/30(月) 09:38 [ 編集 ]
>次のツアーではこのアルバムからの曲をたくさん演奏してますし、ポール自身は気に入っていたんだと思います。

僕もそう思いますよ。あのアルバムは地味な曲が多い印象がありますけどね。

1993年。ポールのコンサートを見た翌日。
渋谷区宇多川の中古レコード店に行きました。
店長が言いました。
「ポールはPipes Of Peaceから駄目になっちゃったでしょ。」
うーん・・・・。どうなんでしょう。

東京ヒルトンさん。
今年はいろいろありがとうございました。
良いお年を。
蟷螂の斧 #couyEzUM|2013/12/31(火) 05:13 [ 編集 ]
> 「ポールはPipes Of Peaceから駄目になっちゃったでしょ。」

「Pipes Of Peace」から「Back In The USSR」までをポールの低迷期と言う人は多いですね。

2014年も2013年のように、ビートルズファンにとって楽しい年になるといいなと思います。

来年もよろしくお願いします。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2013/12/31(火) 09:48 [ 編集 ]
この記事を読んで、改めてびっくりです。
僕はポールのアルバムも一応全部持っているので(何枚も持っている場合までありますw)聴こうと思えばいつでも聴けますが、
こうして一覧を観てみるとため息が出てきます。
やっぱり残念ですね。

ポールにも浮き沈みはあったし、ファンそれぞれに好みはあるでしょうが、どの作品も聴くに値するものだと思います。
「Tug Of War」が聴けないって信じられません。傑作なのに。

今確認したら、廃盤のアルバムもiTSでは全部配信されているようです。

僕は個人的に「Press To Play」が好きなんです。なかなか共感が得られませんが(笑)。

今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。よいお年を。
shirop #Kqp.go1E|2013/12/31(火) 10:09 [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

デジタル配信ではリリースしてるんですね。
レコード会社を移籍する時、ポールが「既存のレコード会社はデジタル配信について保守的だ」と非難してたのを思い出しました。

LPレコードのあの幸せな存在感を体験してきた世代として、音楽はただ聴ければいいものではなく、ジャケット付きのCDという「物」で所有したいと思うんですよね。

「Press To Play」は私は実はいまだに聴いたことがないんですよ。あまりの評判の悪さとジャケットに恐れをなして(笑)
オークションなどで安く出品されてますので、落札してみます。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2014/01/02(木) 09:11 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/tb.php/222-87a65657

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.