私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

若い頃のポール

2016/02/18 13:35|ポール・マッカートニーTB:0CM:4
突然ですが

「若い頃のポール」と聞いて、皆さんはいつ頃のポールを想像しますか?

といいますのは、「マスケティアーズ」という海外ドラマが好きな知人から先日こう言われたんです。

「『マスケティアーズ』のアトス役の人が、ポール・マッカートニーの若い頃によく似てるよ」

若い頃のポールみたいと聞いてこんな感じの青年を想像しました。

paul MacCartney 1962

1962年~1963年頃のポールですね。青年というか、まだ少年の趣きを残したポールです。

そしてそのドラマを私は観てなかったので、ネットでドラマのアトスを検索してみたところ、こんな人でした。

アトス

こ、これは・・・(笑)

ビートルズ・ファンの私にとっては解散直前のポールは“若い頃のポール”ではないんですけど、世間一般の人のイメージではこの頃も“若い頃”なんだなあと認識を新たにしました。

Paul Get Back Session

今年で74歳になるポールですから、まだ20代後半は確かに“若い頃”ですよね。ファンの頭の中の時計が止まってるだけで(笑)

Paul MacCartney 2105
『ポチっとひと押しお願いします』励みになります

ちなみに「マスケティアーズ パリの四銃士」は本年4月3日からNHK総合で放送されます。私も観てみようかな。
マスケティアーズ
⇒「マスケティアーズ パリの四銃士」
スポンサーサイト
コメント
初めまして。
ポールの若い頃といえば、やっぱり白黒のほうでしょう。
小学生の頃(昭和51年)、初めて買ってもらったビートルズのLPが「Oldies」でした。
おそらく20代前半のポールの写真を見て「こんなにカワイイお兄さんがYesterdayを唱ってるんだわ」と一目惚れしてしまいました。
それがきっかけでビートルズにはまっていくのですが、当時のポールは既に30代前半、10歳の私にはとんでもなくオジサンに見えて、がっかりでした。
もちろん、今となっては髭のポールのカッコよさも、今現在のポールの良さ理解できますが・・・
どどいつ #-|2016/03/05(土) 22:59 [ 編集 ]
20代のうちに解散してしまったビートルズは2ローリング・ストーンズなんかと違って、頭の中ではいつまでも歳をとりませんよね。ソロになってからのそれぞれの姿は見ていても、ビートルズはいつも若いです。

それだけにアンソロジー・プロジェクトで3人が集まったときには、なんとなく不思議な気持ちに私はなりましたね。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2016/03/07(月) 20:38 [ 編集 ]
……と聞いて浮かぶのは、やっぱり1963~1964年頃なんですよね。僕も。

アメリカに初めて挑んだ1964年2月の彼らの印象が凄く強い。

でもそれって21~22歳の年度のことだから、本当にめちゃくちゃ若い段階で、
もうファンのアタマの中の時計は止まっちゃっているってことですよね……

これを書いてる現在の僕は28歳なので、ビートルズが活動を止めた1969年秋のポールは、まだ僕より年下だったんだと思うと、本当に凄く濃密な20代を送ったんだなと、ビートルズを考える度に思ってしまいます。

霧厳 #-|2016/07/29(金) 19:50 [ 編集 ]
後期のビートルズなんか とても成熟した大人のイメージですけど、まだ20代だったんですよね。それを考えると解散後いつまでも「元ビートルズ」という見られ方をするのは、確かに本人達には嫌なときもあったでしょう。

私はジョンが亡くなった年齢をとうに過ぎてしまいました。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2016/07/30(土) 08:47 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/tb.php/261-480ef2d9

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.