私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

謎のドラマーを探せ!

2008/06/02 16:12|Anthology 1TB:0CM:8
前回のエントリーでアルバム「BETLES FOR SALE」のレコーディングについて、

>レコーディングが始まったのがアメリカ・ツアー前の8月11日

と書きました。
アルバムとしてのレコーディングの初日は1964年8月11日で間違いないのですが、実はその日よりも早い時期にレコーディングが行われた曲が、アルバム収録曲のうち1曲だけあります。
その曲とは、アルバムのオープニング・ナンバー「No Reply」です。

No Reply – The Beatles


私の大好きな1曲なんですが、この曲のみ初めてのレコーディングが同年6月3日にされています。
ただしこの日のレコーディングはアルバム制作のためではなく、デモ・テープの作成のためでした。

もともと「No Reply」はアルバムのための新曲ではなく、トミー・クイックリー(Tommy Quickly)という歌手のためにジョンが作った曲だったのです。結局トミー・クイックリーによる「No Reply」は発売されず、ビートルズのアルバムのオープニング・ナンバーになったのですが、このあたりの事情は私も知りません。
ただ、そのためのデモ・テープの作成が6月3日に行われたということです。

デモなのでこの日の演奏が「BEATLES FOR SALE」に収録されたわけではありませんが、この音源は今ではアルバム「Anthology 1」で聴くことができます。

No Reply (Demo) – The Beatles


さて、この日のレコーディングには少し面白い裏事情があります。

翌日の6月4日に初めての世界ツアーに旅立ったビートルズなんですが、6月3日にリンゴが扁桃腺炎で入院してしまうというハプニングが起こったのです。
リンゴが翌日からのツアーに同行することが不可能となったため、プロデューサーのジョージ・マーティンリンゴの代役ドラマーとしてジミー・二コル(Jimmy Nicol)を急きょ呼び寄せ、6月3日にツアーのために6曲のリハーサルを行いました。
たった6曲のリハーサルでOKを出したところに、いかに緊急事態だったかがうかがえますね。

そしてこのリハーサルの後に先ほどの「No Reply」のセッションが行われているのですが、このセッションが行われたのはジミー・二コルが帰宅した後なのです。
ジミー・二コルはツアーのための代役なので、新曲のセッションには参加していないんですね。
jimmy nicol

ここに1つのミステリーが生まれます。
リンゴは扁桃腺炎で休んでいる。ジミー・二コルは帰宅。
その後に録音された「No Reply」のデモ。
さて、このドラムを叩いているのはいったい誰なのでしょう?

ここからは私の推測ですが、まず外部からのセッション・ドラマーではないと思います。
デモの音源を聴く限り、ジョンポールもとてもリラックスしてふざけながら演奏していますよね。
外部ミュージシャンが入っていたら、あんなにリラックスして演奏できないと思います。
それにこのデモは途中で演奏をやめてしまうんですが、演奏が終わる時にドラムもあっさり叩くのをやめています。
外部の人間だとビートルズに遠慮して、途中で演奏をやめる時ももう少し様子をうかがいながらやめるんじゃないでしょうか。

外部からのドラマーの参加がないとすると、選択肢は限られます。
ジョージ・マーティンはピアノは弾きますが、ドラムは叩けません。
ジョンは歌いながらギターをジャカジャカ弾いています。

Fab4の中でリンゴ以外にドラムが叩ける人物・・・そう、ポールしかいません
おそらくこのデモのドラムはポールが叩いているのだと思います。

じゃあ、このデモのベース・ギターは誰? となるのですが、このデモ・セッションに限ってはジョージがベースを弾いているのではないでしょうか。

ポールは1968年の「White Album」のレコーディングでは実際にドラムをばんばん叩いているのですから、1964年当時にデモ・セッションで叩くくらいの腕前があってもおかしくありません。
ジョージがベース・ギターを弾けるのかという疑問もありますが、ギターリストは簡単なベースのフレーズなら大抵弾けるものです。
少なくともジョージがドラムを叩くよりはベースを弾く方が現実的でしょう。
そこで、デモ音源をよく聴いてみてください。
ベース・ラインは単調でお世辞にもうまいとは言えず、ポールが弾いているとは思えません(ジョージなら納得)。
また、このデモ音源ではギターは1人しか弾いていないようです。

ジョン=ボーカル、ギター
ポール=コーラス、ドラム
ジョージ=ベース


これがこのデモ・セッションの担当で、おそらくいつもと違う役割分担がおかしくて、ジョンとポールは笑ったりふざけたりしているんじゃないでしょうか。

ポールやリンゴジョージ・マーティンにその日のことを尋ねればわかるのかも知れませんが、みんな覚えてないでしょうね。
何しろ44年前のある一日のほんのひと時のことですし、この日の数時間がミステリーとして後世に伝わるなんて、彼ら自身が想像もしてなかったでしょうからね。

ブログランキングに参加しています。
最後に、
“ぽちっ”と一押しお願いしますm(_ _)m
→→→『人気ブログランキング』
paul drums
スポンサーサイト
コメント
はじめまして、ランキングを見てやってまいりました。
大変興味深く拝見しました。
アンソロジーに収録されたNo Replyのデモですが、
以前からずいぶん軽いタッチの音だなあと思っていたのですが、
一気に謎が解けました!
たぶん、東京ヒルトンさんのご推測どおりの事情だったのでしょうね~!

今日始めてブログをを拝見したのですが、
読ませていただきたい記事が満載です。
また時間のあるとき、ゆっくり読ませていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
blandford #4mq8kvLg|2008/06/03(火) 11:02 [ 編集 ]
はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。

ランキングから来ていただけましたか。
少しでも訪問者が増えればと思ってランキングに参加しているんですが、ランキングから来てくれる人ってめったにいないんですよ(笑)

これからもよろしくお願いします。
blandfordさんのブログにも訪問させてもらいます。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2008/06/03(火) 13:34 [ 編集 ]
東京ヒルトンさん、↑↑面白すぎますぅー。

昔のLPレコードのライナーノーツか映画のパンフあたりに「ポールはベースのほかにもギターやドラムス、ピアノも弾けるマルチプレーヤーです。」と書いてありました。
「マルチプレーヤー」という新しい言葉を獲得した当時13歳のミーハー女子中学生は「ふ~ん、ポールってすごいんだなぁ。」と感心したものです。(笑)

映画“Help!”では「アナザー・ガール」の演奏シーンでジョンがドラムスを、ジョージがベースを、リンゴがギターを、(ポールは女の子!?!?を)弾いていますね。ま、これは音が別録ですからね。ポーズだけかもしれません。

このデモ・セッションを改めて聞いてみるとジョンがふざけてわざと歌詞を間違えていますね。英語は良くわかりませんがどうやらそれもみんなが笑っている原因のようです。

素人でバンドをやっていると練習のときなど、メンバーがちゃんと集まらないときがあります。そんなときは誰かが代わったりするのは普通のことですが、さすがはビートルズ。いかなるときもテープが回っていて、あとからでもこうやってファンを楽しませてくれるんですね。

あ、担当楽器についてはヒルトンさんに賛成票を投じたいと思います。では、また。
オンデン1970 #/5lgbLzc|2008/06/03(火) 14:22 [ 編集 ]
そんなダジャレは全く思いつきませんでした。脱帽です。
「りんご、すった~」といい、リンゴ・ネタは日本語のシャレと相性がいいですね。

思えばビートルズ初めての世界ツアー出発の前日。
ジョンもポールもそれでやたらハイだったのかも知れませんね。
ベッドで寝ているリンゴを残して(笑)
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2008/06/03(火) 14:31 [ 編集 ]
リンゴって、体弱いからほとんど学校へもいけなかったみたいですね~。ちなみにあたしも今扁桃腺腫れてます。あくびするのがかなりきついです・・・。

ポールってどんな楽器でも演奏できるんで、そうだったかもしれないですね!
そういえば、6月1日にリヴァプールのサッカースタジアムで行われたポールの最新ライブ見ました!?
未発表曲や新曲と思われる曲もやってますよ!あの年で27曲やるとは恐るべしですよね!!
しかもポリープ出来たとか聞かないじゃないですか~。ほんと尊敬します!!
ハチ #-|2008/06/07(土) 13:46 [ 編集 ]
リンゴは体が弱くて学校を休みがちで、確か留年しています。
また受けた教育レベルが低いため言葉が未熟なところがあり、「A Hard Day's Night」という文法的におかしい名言葉を言ったとも言われています。

「ヒッピー・ヒッピー・シェイク」はロックの古いスタンダード・ナンバーです。
ビートルズはデビュー前からカバーしていて、ビートルズの演奏は「ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC」で聴けますよ。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2008/06/07(土) 14:03 [ 編集 ]
ドラムがポールだったんですね。
ポールがドラムを叩くようになったのは後期ビートルズの頃かと思ったのですが・・・・。
ビートルズのファン歴36年。
勉強になりました。
ありがとうございました。
蟷螂の斧 #wHTgGx4k|2013/01/19(土) 20:30 [ 編集 ]
私の推測なので正しいかどうかはわかりませんが。。。

ポールはデビューの頃はピアノもドラムも弾けなかったと思うんですが、いつの間には一人前の腕になってますよね。

こつこつと人知れず練習してたのかなと、ポールの勤勉さに感心します。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2013/01/23(水) 09:43 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/tb.php/69-c6585e55

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.