私の心にはいつもビートルズがいます。 ファンの人とは共に楽しみ、ビートルズを知らない人には興味を持ってもらえる、そんなブログを目指しています。 コメント・相互リンクはお気軽にどうぞ!

ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/

プロフィール

東京ヒルトン

Author:東京ヒルトン
ビートルズが大好きです。
中学生・高校生の頃は、クラスに1人や2人はビートルズのファンがいたものですが、最近は少なくなって、ビートルズのことで雑談できる機会もほとんどなくなりました。
そこでビートルズ談義のできる場を! とこのブログを立ち上げました。
皆さん、よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

「Hey Bulldog」のギターは誰だ?!

2008/09/09 17:09|Yellow SubmarineTB:0CM:12
アルバム「イエロー・サブマリン」用にジョンが作った曲に「Hey Bulldog」があります。
一般に評価が低い曲が提供されている「イエロー・サブマリン」の中で、この「Hey Bulldog」はファンの間で人気の高い曲で、私も大好きです。

印象的なリフとたたみかける様なベースとドラムから始まり、ヘビーなサウンドはハード・ロックのさきがけといえるかも知れません。

The Beatles - Hey Bulldog


ジョンは「歌詞に意味はない」と言っていますが、サビの部分の「You can talk to me」の連呼は頭を直撃しますよね。

Childlike no one understands
Jack knife in your sweaty hands
Some kind of innocence is measured out in years
You don't know what it's like to listen to your fears
You can talk to me, you can talk to me....
If you're lonely, you can talk to me


無邪気な子供っぽさなんて 誰もわかっちゃくれない
汗ばんだお前の手には ナイフが握られてる
でも純情の意味は 何年もたってわかることがあるんだぜ
恐怖心に耳をすますのがどんなもんだか お前は知らないだろう?
オレに話してみろよ
寂しいんだろ 話を聞いてやるぜ

(日本語対訳:GORICOさん)
晴れ、ときどきBeatles

さてこの曲について、先日ちょっとした出来事がありました。
相互リンクさせていただいているレノン&マッカートニーさんのブログで「Hey Bulldog Bass」という記事があり、そこに私がこの曲のリード・ギターはジョージじゃないでしょうかとコメントしたところ、レノン&マッカートニーさんはポールでしょうとおっしゃったのです。
ALL THOSE YEARS AGO ~ 過ぎ去りし日々

う~ん、ビートルズ研究家の東京ヒルトンとしては、考察しないわけにはいきません(笑)

「Hey Bulldog」のレコーディングは1968年2月11日の一日で行われています。

まずピアノ、ドラム、タンバリン、リード・ギター、ベースによるリズム・トラックが10テイク録音され、第10テイクにファズ・ベースとリズムを故意に狂わせたドラム、リード・ギター、そしてジョンとポールのボーカルをオーバー・ダビングして完成しました。

たった一日ですべてを終えてしまうところに、当時のビートルズの活発さを感じますね。
この後に「White Album」のレコーディングをダラダラとするようになるなんて想像できません(笑)

それでは、どうして私がこの曲のリード・ギターをポールではなくジョージだと思うのか。

まず1つは残されている映像からです。

「Hey Bulldog」のレコーディング風景はプロモーション・ビデオ(PV)として残っているわけですが、最初にご紹介した「Hey Bulldog」のPVと、シングル「Lady Madonna」のPVでその様子を見ることができます。

The Beatles - Lady Madonna


「Lady Madonna」のPVには他の日のレコーディングの様子も混ざっているようですが、ポールが白いベストを着ているのが「Hey Bulldog」のレコーディングの日です。

この2つのPVの中ではポールがギターを弾いているシーンはないんですよね。
(ただしジョージが“リード”ギターを弾いているシーンもないんですけど)
まあリード・ギターだけ後から録音しているからかも知れませんが。

そして、ギター・ソロを弾いているのがポールではなくジョージだと思うもう1つの理由。
実はこっちが理由のほとんどなんですが、ギターの音がポールではないと思うんですよ。

ポールはベース・プレーヤーですがギターもとても上手く、アルバム「HELP !」あたりから自分が作った曲ではリード・ギターを弾くこともありましたし、アルバム「REVOLVER」ではジョージが作った曲であるにもかかわらず、「Taxman」でリード・ギターを弾いています。

The Beatles - Taxman

(オリジナル版がなぜかYouTubeから貼り付けられないので、Anthology版です)

さてポールのギターの特徴、とくに間奏のギター・ソロについては「音の伸び」がとてもいいんです。
これはチョーキングという、弦をおさえている指をおさえたまま上げ下げすることでギターの音を“きゅ~~ん”とゆがませるテクニックなんですが、ポールはこれがうまくて音と音のつながりがとても滑らかです。
そして何よりはじける様な「ノリ」のよさがあります。

ここでもう一度、記事トップの「Hey Bulldog」のギター・ソロを聴いてみてください。

「Hey Bulldog」のギター・ソロは音符に忠実な硬い印象で、ポールらしい「音の伸び」や「ノリ」がないように私には思えるんです。
カチッと硬い感じのピッキングなんかは、チェット・アトキンスをお手本にしていたジョージのギターの特徴だと思うんですけどね~。

ビートルズを聴き込んでいるファンの方、実際にギターを弾いてる方、いかがなもんでしょうか?『人気ブログランキング』へ
スポンサーサイト
コメント
私の記事から深く掘り下げていただきありがとうございます。

リードギターは一体誰なのか。
イエロー・サブマリンについている解説によれば、ジョージとポールとなっていて、間奏部分はポールとなっていますね。
文献によってもいろいろと違うので、もう楽器に超詳しい方に解説してもらわないと、分かりませんね。
私の耳では誰なのか分かりません。お手上げです。

ヒルトンさんの意見を聞いていると、ジョージということになりますね。
どなたか明快に解決してくれると助かるのですが・・・・・。
レノン&マッカートニー #-|2008/09/09(火) 19:50 [ 編集 ]
おひさしぶりです!
最近、ポールの「No Words」を聞いてて思ったんですが、バックコーラスの人の声が、ジョージの声のように思っちゃいます・・・。
たぶんデニー・レーンだと思うんですが、声がデニーっぽくないような・・・。
この曲はデニーが作ったらしいですけど、メロディもジョージっぽいし。
「Band On The Run」のあそこの部分はほんとにジョンだと思います!
ハチ #-|2008/09/10(水) 06:41 [ 編集 ]
こちらこそ勝手にブログをお借りして恐縮です。

ビートルズの録音については不明なことが結構ありますよね。
何しろ40年も前のことですし、後世に話題になるなんて当事者全員が考えてなかったでしょうからね。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2008/09/11(木) 03:00 [ 編集 ]
ジョンとジョージとデニー・レインは3人とも声がざらっとしていていますし、特にジョージとデニー・レインは歌い方が似ていると思います。
音程がちょっと頼りなさ気なところとか。

ソロで歌っているとそうでもないんですが、コーラスでハモっていると誰だかわからない時がありますよね。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2008/09/11(木) 03:07 [ 編集 ]
僕もジョージに一票です。
フレーズも、もたった感じがジョージっぽいですよ。

あとレディマドンナのPVでジョージがギターを弾いている
シーンがありますが、あれはHey Bulldogのレコーディング風景
じゃないんでしょうか。

あとやっぱり僕も「Band On The Run」のあの部分のコーラスは
ジョンに思えてしょーがない(笑)
ダン・コレステ #-|2008/09/12(金) 13:07 [ 編集 ]
コピー・バンドをされているダン・コレさんにおっしゃっていただけると心強いです。

>もたった感じがジョージっぽい

ですよね(笑)

「Band On The Run」のコーラスと合わせて、ポールに尋ねてみたいですね。
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2008/09/12(金) 16:20 [ 編集 ]
はじめまして。ジンといいます。

初めて書き込みします。古い記事へのコメントで恐縮ですが。。。

僕もHey Bulldogのソロはポールだと思ってました。
でも実際はジョージのようですね。ジェフエメリック氏の著書"Here, there and everywhere"に当時のレコーディングの記述があってそこに「ジョージは新しいファズボックスを使って叫んでいるように(ギターの)音を変えた」ってあるようです。 
http://www.beatlesbible.com/songs/hey-bulldog/

昔の解説本ってうまいソロはみんなポールにしてたような気が。。。(笑
じん #mQop/nM.|2010/01/03(日) 09:33 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

ジェフ・エメリック氏の本にそう書いてあるのなら、ジョージなんでしょうね。
あの本は分厚くて、途中で読むのを挫折してます・・・

> 昔の解説本ってうまいソロはみんなポールにしてたような気が。。。(笑

同感です(笑)
東京ヒルトン #MaKh7gFU|2010/01/04(月) 08:37 [ 編集 ]
間奏のリード・ギター、ポールさんによるものなのかジョージさんによるものなのか?あれがギブソンSGの音色なのかがカギだと思うのです。いずれにしましてもジェフ・エメリックさんが、教えてくれないかぎり永遠の謎です。
ぴーりっぴぺーにょん #-|2015/02/11(水) 19:40 [ 編集 ]
この記事を書いた時は絶対ジョージだと思ってたんですが、ヘルタースケルターなんかを考えるとポールっぽい気もしますね(笑)

でもメロディーラインはやっぱりジョージっぽいし。

永遠の謎ですねえ。
東京ヒルトン #C28R5V6I|2015/02/17(火) 12:51 [ 編集 ]
リチャードスターキー説、浮上中。
匿名さん #-|2016/03/04(金) 19:21 [ 編集 ]
本当ならビッグ・ニュースですね。

新しい資料に出会ったら、続報の記事書きますね。
東京ヒルトン #NLSjLnws|2016/03/05(土) 09:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://beatlesinmind.blog101.fc2.com/tb.php/88-5cd2359b

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 |  Fab 4 | ジョン・レノン | ポール・マッカートニー | ジョージ・ハリスン | リンゴ・スター | Please Please Me | With The Beatles | A Hard Day's Night | Beatles For Sale | HELP! | Rubber Soul | Revolver | Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band | White Album | Yellow Submarine | Abbey Road | Let It Be | Magical Mystery Tour | Past Masters Vol.1 | Past Masters Vol.2 | The Beatles (1962-1966) | The Beatles (1967-1970) | The Beatles 1 | The Beatles Live At The BBC | Anthology 1 | Anthology 2 | Anthology 3 | Yellow Submarine Songtrack | Let It Be...Naked | Love | 映画 | 書籍 | カバー | ゲーム | その他 | 海賊盤-A | 海賊盤-B | 海賊盤-C | 海賊盤-D | 海賊盤-E | 海賊盤-F | 海賊盤-G | 海賊盤-H | 海賊盤-I | 海賊盤-J | 海賊盤-K | 海賊盤-L | 海賊盤-M | 海賊盤-N | 海賊盤-O | 海賊盤-P | 海賊盤-Q | 海賊盤-R | 海賊盤-S | 海賊盤-T | 海賊盤-U | 海賊盤-V | 海賊盤-W | 海賊盤-X | 海賊盤-Y | 海賊盤-Z | 海賊盤-John Lennon | 海賊盤-Paul McCartney | 海賊盤-George Harisson | 海賊盤-Ringo Starr | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.